薄毛に関するニュース

2018年11月17日 植毛雑学
薄毛に関するニュース

世界には、薄毛治療にかんする情報がいっぱいです。
その中でも、今後に期待!と思われるニュースをご紹介いたします。

関節炎の薬で、円形脱毛症が改善

スタンフォード大学とイエール大学が行った臨床試験にて、 自己免疫疾患の関節リウマチ治療薬に使われる、「ゼルヤンツ」を服用したことで、 被験者の半数が再び頭髪が生え、3分の1は、失った頭髪の半分以上を取り戻したという結果が得られたそうです。 別治療薬「ジャカビ」を使った研究でも、円形脱毛症患者の12人に9人が頭髪回復が見られたという結果もあがっています。 薄毛とはまた違いますが、円形脱毛症で悩まれている方にとっては、朗報といえるでしょう!

本わさびが、薄毛をなおす!

海外のニュースも気になりますが、やっぱり国内の薄毛最新情報もチェックしておきたいですよね?!

国際食品素材・添加物会議「アイフィア・ジャパン」というイベントで、
業務用わさびの大手会社「金印」が、本わさびの葉に含まれる「イソサポナリン」という成分を抽出し、 これを「毛乳頭細胞」に加えて培養したところ、細胞活性の効果が見られたと発表。

それは、市販の育毛剤でも使用されている「ミノキシジル」を加えて培養した時の、
3倍もの活性だったというのです。
これはまさに朗報!

しかしながら、まだヒトでの実証が得られていないとのこと。
体内吸収によって、どう変化があるのか、期待が高まります。

また、わさびを食べたらいいの?塗ったらいいの?と、気持ちが逸ります。
ですが、チューブわさびは「本わさび」ではなく、
「西洋わさび」が主に使われているので効果は期待できなく…
頭皮に塗ると…わさびは「刺激物」なので、逆に頭皮には悪いだろうとの事。
残念です。

「イソサポナリン」はヒト実験前とのことで、まだまだ先が長そうですね。
関節炎の薬での回復も、円形脱毛ではない薄毛にとっては、なかなか難しそう。

海外より、進んでいる日本の自毛植毛が、 今は、頭髪を得るための一番の近道かもしれませんね!
大阪には、自毛植毛の技術を学びに、海外から医師が研修にくるほど、
世界でも有名なドクターがいます!
それでも、自分に合ってなければ手術に踏み切れないでしょう。
その為に、多くのクリニックが 無料でのカウンセリングを行っています。

今の悩みを聞いてもらい、自分の状態を詳しく知る事。 それだけでも違うでしょう。
まずは、クリニックへ相談してみましょう。

関連記事

【インタビュー】毛根の無いおでこへの植毛は可能?26歳男性の切実な悩み

【インタビュー】毛根の無いおでこへの植毛は可能?26歳男性の切実な悩み

抜け落ちてしまった箇所へ移植するイメージが強い自毛植毛手術ですが、元々毛根が無い箇所への移植は可能なのでしょうか。生まれつきおでこが広く、コンプレックスに感じていたY・Hさん(26歳/男性)は、とても悩んでいたそうです。 育毛や増毛はほとんどが元にある髪の毛や毛根を活かすもの。「自分には試せるものが無いのでは」と落ち込みましたが...

記事の続きを読む

【インタビュー】「痛くない」「傷が残らない」「日帰り」という自毛植毛手術を求める40歳男性

【インタビュー】「痛くない」「傷が残らない」「日帰り」という自毛植毛手術を求める40歳男性

自毛植毛は外科手術です。当然、検討するとなると「痛み」「傷跡」は気になるところ。練馬区に住むK・Sさん(40歳/男性)もその一人です。都内に勤務している銀行マンで、「手術後はすぐに職場復帰できるのか」ということも懸念材料でした。 元来、慎重派な性格のK・Sさん。自毛手術を検討するにあたって「痛みが少ない」、「傷跡が残らない」、「...

記事の続きを読む

【実録】旅行好き42歳キャリアウーマン。分け目が気になり自毛植毛を決意

【実録】旅行好き42歳キャリアウーマン。分け目が気になり自毛植毛を決意

外資系商社で働くC・Fさん(42歳/女性)は、仕事でもプライベートでも海外へ行くことが多いキャリアウーマンです。英語を使う機会が多く、英会話教室に通っています。また、仕事は体力勝負なので、ジムで体を鍛えることも忘れません。 学生時代から旅行が好き。社会人となった現在も休日は国内外問わず弾丸旅行を決行するなど、非常にアクティブな一...

記事の続きを読む

人気記事