自毛植毛を行う条件とは!?

2018年11月15日 植毛雑学
自毛植毛を行う条件とは!?

自毛植毛を行う条件とは!?

そもそも自毛植毛とは、薄毛にならない/なりにくい部分の自分の頭髪を、薄毛部分に植毛する治療方法です。
ここで気になるのが、移植元となる部分が薄くなってくるのではないか、元が坊主頭の人は移植すらできないのではないか、という事ではないでしょうか。
自毛植毛を行うにはいくつか条件がありますので、ご紹介していきます。

坊主頭の人は自毛植毛はできない?

結論から言うと、坊主頭でも自毛植毛は可能です。
ただし以下の理由からあまりおすすめはできないとしているクリニックもあります。

・治療後に、移植元となった部分や移植先の傷が隠せないため
・薄くなっている部分とそうでない部分が判別しづらい
この2点が、おすすめできない理由として考えられますが、
特に傷を隠す必要はない、バレても問題ないという人は坊主頭でも自毛植毛を行っても良いと思います。

採取部分はどうなる?薄くなる?

自毛植毛の治療方法には、ドナーを採取する際にメスで頭皮ごと切り取る方法FUT法と、メスを使わずにパンチなどで直接毛根を採取するFUE法の2種類があります。

FUT法

メスを使って後頭部や側頭部から皮膚ごと切り取り、ドナーを採取する方法です。
その後、傷口を縫合します。皮膚ごと切り取るので縫合跡や傷が残ってしまいます。
また傷の完治にも時間がかかります。

FUE法

メスを使わず、パンチと呼ばれる器具を使用してドナーを採取する方法です。
パンチを使うと1ミリ前後の微小の穴を開けることにはなりますが、FUT法に比べると傷は目立ちにくいです。傷の完治も時間がかかることはなく、身体への負担が少なく、なおかつ成績の良い手術です。

糖尿病や心臓病の疾患がある場合は?

心臓病を患っている方は、手術によるカラダへの負担がかかり、最悪の場合、重い合併症を発症する可能性があるため、自毛植毛の手術は行えません。

糖尿病を患っている方も自毛植毛の手術は出来ないと考えた方がいいでしょう。
理由としては、傷口が化膿しやすくなるためです。

円形脱毛症や脂漏性皮膚炎がある場合は?

円形脱毛症の場合、毛根は生きているため、自毛植毛をしなくても皮膚科での治療で発毛が可能です。
円形脱毛症の主な原因は自己免疫疾患だと言われています。ヒフ科にて、ステロイドホルモンによる治療もあります。

脂漏性皮膚炎の場合は、炎症をおこしている状態ですから、自毛植毛はできません。
まずは炎症を治療することが最優先です。

これまでに人工植毛をしたことがある場合は?

今までに人工植毛を行った事のある方で、自毛植毛も行いたい場合でも、基本的に自毛植毛の手術は可能です。
ただし、人工植毛は炎症を起こしやすいため、炎症や化膿がないことが前提です。また、頭皮がダメージを受けている可能性があるため、人工植毛を行ってすぐに自毛植毛はできません。
少なくても2~3年は期間を開ける必要があります。

未成年の場合は?

ハンコン(傷跡)に限り未成年は、自毛植毛の手術は可能です。ただし、必ず保護者の同意書が必要になります。
手術費用は保険適用外なので高額になります。AGAに対する治療は未成年者へは認められていませんので、成人を迎えてからの治療となります。

関連記事

【インタビュー】毛根の無いおでこへの植毛は可能?26歳男性の切実な悩み

【インタビュー】毛根の無いおでこへの植毛は可能?26歳男性の切実な悩み

抜け落ちてしまった箇所へ移植するイメージが強い自毛植毛手術ですが、元々毛根が無い箇所への移植は可能なのでしょうか。生まれつきおでこが広く、コンプレックスに感じていたY・Hさん(26歳/男性)は、とても悩んでいたそうです。 育毛や増毛はほとんどが元にある髪の毛や毛根を活かすもの。「自分には試せるものが無いのでは」と落ち込みましたが...

記事の続きを読む

【インタビュー】「痛くない」「傷が残らない」「日帰り」という自毛植毛手術を求める40歳男性

【インタビュー】「痛くない」「傷が残らない」「日帰り」という自毛植毛手術を求める40歳男性

自毛植毛は外科手術です。当然、検討するとなると「痛み」「傷跡」は気になるところ。練馬区に住むK・Sさん(40歳/男性)もその一人です。都内に勤務している銀行マンで、「手術後はすぐに職場復帰できるのか」ということも懸念材料でした。 元来、慎重派な性格のK・Sさん。自毛手術を検討するにあたって「痛みが少ない」、「傷跡が残らない」、「...

記事の続きを読む

【実録】旅行好き42歳キャリアウーマン。分け目が気になり自毛植毛を決意

【実録】旅行好き42歳キャリアウーマン。分け目が気になり自毛植毛を決意

外資系商社で働くC・Fさん(42歳/女性)は、仕事でもプライベートでも海外へ行くことが多いキャリアウーマンです。英語を使う機会が多く、英会話教室に通っています。また、仕事は体力勝負なので、ジムで体を鍛えることも忘れません。 学生時代から旅行が好き。社会人となった現在も休日は国内外問わず弾丸旅行を決行するなど、非常にアクティブな一...

記事の続きを読む

人気記事