新宿の親和クリニックで聞いた他のクリニックからのセカンドオピニオンについて

2020年03月24日
新宿の親和クリニックで聞いた他のクリニックからのセカンドオピニオンについて

薄毛の悩みをクリニックに通って相談し、実際に治療している方もいると思います。
そんな中で、AGA治療薬やHARG療法を長年継続しているが、なかなか薄毛の改善が実感できない人もいるでしょう。

また、薄毛治療として敷居の高い自毛植毛手術を受けたにもかかわらず、満足行く結果にならなかったという声を聞くこともあります。
しかし、今受けている薄毛治療や過去に受けた植毛手術が上手く行かなかったと感じている方でも、親和クリニックであれば失敗をリカバー出来る技術と手厚いアフターフォローがあるので安心です。

そこで、今回は薄毛治療を行っている中でなかなか効果が出ないという悩みを抱えている方や、過去に植毛手術を失敗してしまった方に向けた薄毛治療の「セカンドオピニオン」について、親和クリニック新宿院のスタッフに話を聞いてみました。

手術をまだ決めていないけどセカンドオピニオンを聞きに来院してもいいの?

自毛植毛は毛髪を数百~数千本も移植する大掛かりで高額な手術です。
一度のカウンセリング・診察では納得できない事もあると思います。

親和クリニック新宿院では、施術前のカウンセリングを入念に行い、患者さまのお悩みにしっかり向き合い、ご納得いただけた状態で手術を行いますので安心です。
また、他のクリニックを受診した方のために、セカンドオピニオンも受け付けております。

植毛手術以外の治療を他クリニックで受けられた患者さまに多い相談で、「AGA治療を受けているが薄毛が改善しない」という相談が多いです。
そのような患者さまにお伝えしていることを紹介します。

髪が生えるために必要な毛包の数は生まれつきで決まっていて、毛包を増やすことはできません。
AGA治療やHARG療法は髪の毛が生えるかどうかわからない毛包に髪の毛が生えてくるようにする為の治療であるのに対し、植毛は髪の毛が生える毛包を採取して移植する治療です。

「生える治療」よりも「生える髪の毛を移植する治療」の方が薄毛に有効な治療と言えます。
他にも、自毛植毛に関して気になる事が多くあると思いますので、お気軽に親和クリニック新宿院へお問い合わせください。

植毛手術後には、専門家によるアフターフォローを受けることが出来るので安心です。
植毛手術の後に、自身での洗髪に不安を感じる患者さまが多くいらっしゃいます。

特に多いのが、

  • 「力加減はどれくらいか?」
  • 「どのくらい時間をかけるのか?」
  • 「シャワーの勢いはどれくらいがいいのか?」

などの具体的な洗髪方法についての疑問です。

親和クリニック新宿院では、最新の創傷治癒理論に基づいた洗髪ケアを実施します。
また、患者さまが自分で洗髪する時のポイントをレクチャーすることに加え、移植部分のかさぶたの形成を防ぎ、自毛植毛後の頭皮の不快感や外見の違和感を軽減するためのポイント等、アフターフォローが充実していますので安心です。

他クリニックで自毛植毛したが密度が低くてどうにかしたい

既に植毛手術を受けたが、髪の毛の量がまだ足りず悩んでいる方もいると思います。
親和クリニック新宿院の一回の手術で大量に植毛するメガセッションなら従来では実現出来なかった大量移植が可能です。

従来の自毛植毛では一度に2,000グラフト以上の移植(メガセッション)を行うことが出来なかったため、数回に分けて手術を行っていました。
しかし、親和クリニックでは1回の手術で3,000グラフトを超えるスーパーメガセッションを行う事が可能です。

また、親和クリニックの植毛手術は大量・短時間のメガセッションが実現出来るだけでなく、ロボット植毛等には絶対に真似できない繊細で高密度な仕上がりが実現できます。

まだ毛のある頭頂部への植毛は可能か?

植毛手術で頭頂部などの密度アップの植毛は難易度が高い手術です。
親和クリニック新宿院のセカンドオピニオンで多く聞く相談内容として、他のクリニックの先生から「前頭部、頭頂部の密度アップには薬が良い」と言われた、という相談内容があります。

これは、頭頂部の密度アップの植毛に対して薄毛治療を行う大くのクリニックの医師が避けている傾向にある表れのようです。
そんな中で、親和クリニック新宿院では頭頂部への植毛に自信を持っています。

親和クリニック新宿院が難易度が高いと言われている頭頂部の密度アップ植毛にも自信をもって取り組んでいる理由をまとめました。

高密度の植毛で自然なボリューム感

従来の自毛植毛手術は、移植した毛根を植える移植床作成の際に、メスでスリットを入れ、ピンセットで手植えするというものでした。
このスリットに手植えする方法では、高密度に植えることができない、グラフト(移植株)の飛び出しが起きやすい、出血が多いなど様々な問題がありました。

親和クリニック新宿院の「MIRAI法」は極小径0.63mm~0.65mmのマイクロパンチブレードで丸い移植ホールを作るので、高密度移植が可能、グラフトの飛び出しや移植後の向きのズレが起こりにくく、より繊細で美しいデザインが実現できます。またホールと株の形状が一致しているので、移植すること自体が傷を修復することになり、傷の回復が早いことも特長です。

スピーディな採取・移植と採取したグラフトの保管状態の改善で高い生着率を実現

生着率とは、移植した株が頭皮に定着し、正常に発毛する率のことです。
採取されたグラフトは移植されるまでの間、虚血状態となり組織に栄養を届けるための血液が途絶えます。

血液が途絶えている時間が長くなることは、毛組織の細胞へダメージを与え、生着率が低下してしまう原因となります。
親和クリニック新宿院の自毛植毛では高性能な植毛専用機器を熟練した医師・スタッフが用いることで、従来にはなかった短時間・大量の毛髪移植を実現します。

さらに、従来の手動による採取では100グラフトあたり6.0分の時間を要しましたが、親和クリニック新宿院で行う電動ハンドピースを使った採取では、100グラフトあたり4.2分と大幅に短縮することができます。

切断率(採取時に毛根が切断され、移植できなくなる確率)も、手動による採取では17.3%ですが、親和クリニック新宿院で行う電動ハンドピースによる採取では5.4%です。
(※出典:Onda Masamitsu, et al. Dermatol Surg. 2008 Dec;34(12):1683-8.)

また、採取したグラフトは成分や温度などを研究・精査した保存液に浸しておくなど、現状考えうる最高の状態で保存し、組織の機能を損なわないように保管します。

難しい頭頂部への大量植毛も可能

「頭頂部」や「つむじ」にボリューム感を出すためには、ある程度の毛量の移植が必要です。
また既存の髪の中に移植を行うのは難易度が高い植毛手術となります。

親和クリニック新宿院の医師は、頭頂部やつむじへの移植手術の経験を豊富に持っているので、従来難しいとされてきた「頭頂部」や「つむじ」などの広範囲の薄毛も解決できるのです。

薄毛治療に関するセカンドオピニオンまとめ

https://shinwa-clinic.jp/から引用

今受けている薄毛治療や過去に受けた植毛手術が失敗であったと感じていて、どうしたらいいのかと悩んでいる方に向けた親和クリニックのセカンドオピニオンについて、親和クリニック新宿院のスタッフの方に解説して頂きました。

薄毛治療に失敗してしまった方は、まずは相談で構わないので、親和クリニック新宿院の無料カウンセリングに来ていただき「失敗したこと」や「失敗したくないこと」などを伝えて下さい。

一人一人薄毛の症状や悩みは異なりますので、あなたにあった方法で失敗の無いセカンドオピニオンを実現します。

親和クリニック新宿院は薄毛に悩む患者様の悩みに対し、できる限り親身に寄り添い、できうる最良の治療を提供することを目指して取り組んでいますので、、過去の治療で失敗した経験がある方でも他のクリニックで植毛手術を断られた方でも一度相談されてみてはいかがでしょうか。

関連記事

新宿の親和クリニックで聞いた注意したほうがいい薄毛予防の自己流ケア

新宿の親和クリニックで聞いた注意したほうがいい薄毛予防の自己流ケア

薄毛にならないためにご自身で行っているケアはありますか? 例えば頭皮マーサッジは自分でも手軽に出来るケアとして多くの方が行っている方法の一つです。 しかし、薄毛にならないためにしている事が逆効果になっているとしたらどうしますか? そこで今回は、薄毛専門のクリニックである親和クリニック新宿院のスタッフの方に、「薄毛にならないた...

記事の続きを読む

新宿の親和クリニックで聞いた他のクリニックからのセカンドオピニオンについて

新宿の親和クリニックで聞いた他のクリニックからのセカンドオピニオンについて

薄毛の悩みをクリニックに通って相談し、実際に治療している方もいると思います。 そんな中で、AGA治療薬やHARG療法を長年継続しているが、なかなか薄毛の改善が実感できない人もいるでしょう。 また、薄毛治療として敷居の高い自毛植毛手術を受けたにもかかわらず、満足行く結果にならなかったという声を聞くこともあります。 しかし、今受...

記事の続きを読む

新宿の親和クリニックで聞いた遺伝以外の薄毛に繋がる要因とは

新宿の親和クリニックで聞いた遺伝以外の薄毛に繋がる要因とは

薄毛の原因の大半が、AGA(男性型脱毛症)と言われています。 AGA(男性型脱毛症)を発症するかどうかの大半は遺伝的な要因によるものです。 その為「自分の親族にはハゲがいないから大丈夫だ」と過信している方も多い様です。 生活習慣の乱れなど遺伝的要因でないものが直接薄毛に繋がることはありませんが、規則正しい生活習慣を送ることも...

記事の続きを読む

人気記事