処方薬(プロペシア・パントガール)

2018年12月01日 薄毛治療薬
処方薬(プロペシア・パントガール)

処方薬(プロペシア・パントガール)

薄毛は気になるけど生活習慣なんて簡単に変えられない…。
実は生活習慣を見直す以外にも薄毛の治療法はあるのです。飲む育毛剤といわれる、薬の服用による薄毛の改善を紹介します。

□プロペシア

プロペシアは元々前立腺の病気の治療薬として使われてきましたが、男性の薄毛の原因となるジヒドロテストステロンを抑制し、 脱毛を抑える効果があると分かり、現在では薄毛の治療薬としても一般的に使われています。
ただし、未成年と女性は体に深刻な被害が出てしまうので、服用は絶対にNGです。
体外から有効成分を吸収してしまうので、錠剤に直接触れるのも控えるようにしましょう。

□パントガール

パントガールは主に女性に処方されますが、栄養が足りなくなった髪の毛に必要な栄養を送るというものなので、 男性でも髪の毛が弱って細くなったりコシがなくなった人に向いています。
生活習慣を整えながら徐々に減らしていけるといいですね。

飲む以上副作用って気になりますよね。
プロペシアには

  • 頭痛
  • 腹痛、胃もたれ
  • 眠気
  • 性欲の減退
  • 勃起機能不全

等があります。
副作用は必ず起きるものではなく、個人の体質や相性によるところが大きいので、不安や異変がある場合は医師に相談しましょう。

パントガールは医薬品として認可されていないので、サプリメントという扱いになります。
とはいえ、個人輸入だと品質に問題があったり偽物を購入してしまうリスクがあるので、比較的安全性が高いクリニックで処方されたものをおすすめします。

関連記事

【インタビュー】毛根の無いおでこへの植毛は可能?26歳男性の切実な悩み

【インタビュー】毛根の無いおでこへの植毛は可能?26歳男性の切実な悩み

抜け落ちてしまった箇所へ移植するイメージが強い自毛植毛手術ですが、元々毛根が無い箇所への移植は可能なのでしょうか。生まれつきおでこが広く、コンプレックスに感じていたY・Hさん(26歳/男性)は、とても悩んでいたそうです。 育毛や増毛はほとんどが元にある髪の毛や毛根を活かすもの。「自分には試せるものが無いのでは」と落ち込みましたが...

記事の続きを読む

【インタビュー】「痛くない」「傷が残らない」「日帰り」という自毛植毛手術を求める40歳男性

【インタビュー】「痛くない」「傷が残らない」「日帰り」という自毛植毛手術を求める40歳男性

自毛植毛は外科手術です。当然、検討するとなると「痛み」「傷跡」は気になるところ。練馬区に住むK・Sさん(40歳/男性)もその一人です。都内に勤務している銀行マンで、「手術後はすぐに職場復帰できるのか」ということも懸念材料でした。 元来、慎重派な性格のK・Sさん。自毛手術を検討するにあたって「痛みが少ない」、「傷跡が残らない」、「...

記事の続きを読む

【実録】旅行好き42歳キャリアウーマン。分け目が気になり自毛植毛を決意

【実録】旅行好き42歳キャリアウーマン。分け目が気になり自毛植毛を決意

外資系商社で働くC・Fさん(42歳/女性)は、仕事でもプライベートでも海外へ行くことが多いキャリアウーマンです。英語を使う機会が多く、英会話教室に通っています。また、仕事は体力勝負なので、ジムで体を鍛えることも忘れません。 学生時代から旅行が好き。社会人となった現在も休日は国内外問わず弾丸旅行を決行するなど、非常にアクティブな一...

記事の続きを読む

人気記事