処方薬(プロペシア・パントガール)

2018年12月01日 薄毛治療薬
処方薬(プロペシア・パントガール)

処方薬(プロペシア・パントガール)

薄毛は気になるけど生活習慣なんて簡単に変えられない…。
実は生活習慣を見直す以外にも薄毛の治療法はあるのです。飲む育毛剤といわれる、薬の服用による薄毛の改善を紹介します。

□プロペシア

プロペシアは元々前立腺の病気の治療薬として使われてきましたが、男性の薄毛の原因となるジヒドロテストステロンを抑制し、 脱毛を抑える効果があると分かり、現在では薄毛の治療薬としても一般的に使われています。
ただし、未成年と女性は体に深刻な被害が出てしまうので、服用は絶対にNGです。
体外から有効成分を吸収してしまうので、錠剤に直接触れるのも控えるようにしましょう。

□パントガール

パントガールは主に女性に処方されますが、栄養が足りなくなった髪の毛に必要な栄養を送るというものなので、 男性でも髪の毛が弱って細くなったりコシがなくなった人に向いています。
生活習慣を整えながら徐々に減らしていけるといいですね。

飲む以上副作用って気になりますよね。
プロペシアには

  • 頭痛
  • 腹痛、胃もたれ
  • 眠気
  • 性欲の減退
  • 勃起機能不全

等があります。
副作用は必ず起きるものではなく、個人の体質や相性によるところが大きいので、不安や異変がある場合は医師に相談しましょう。

パントガールは医薬品として認可されていないので、サプリメントという扱いになります。
とはいえ、個人輸入だと品質に問題があったり偽物を購入してしまうリスクがあるので、比較的安全性が高いクリニックで処方されたものをおすすめします。

関連記事

【インタビュー】いつまでもカッコ良いパパでいたい45歳男性が自毛植毛を受けた理由

【インタビュー】いつまでもカッコ良いパパでいたい45歳男性が自毛植毛を受けた理由

10歳の娘を持つT・Wさん(45歳/男性)。30代で結婚したのち、会社の転勤に伴い名古屋市に家族で引っ越してきました。 年々、髪が薄くなってきたことには気づいていましたが、年相応だと思い気に留めていなかったそうです。しかしある時、奥様から「最近薄くなってきたよね」と言われ気になり出します。 また、娘からも「恥ずかしい」と言...

記事の続きを読む

【インタビュー】「郊外在住でもスムーズに手術を受けられた」。M字剃り込み部分を自毛植毛で解決させた54歳男性

【インタビュー】「郊外在住でもスムーズに手術を受けられた」。M字剃り込み部分を自毛植毛で解決させた54歳男性

I・Fさん(54歳/男性)は電子部品設計会社の技術職として、岡崎市で働いているサラリーマンです。休日は知人と海釣りを楽しむほか、サウナや温泉に行くこともしばしば。 昔から額がM字型だったので、頭皮に関しては楽観的でした。ところが年齢を重ねるごとに産毛がなくなり、剃り込み部分が露わに。様々な対策を調べた結果、自身には自毛植毛手術が...

記事の続きを読む

【実録】 「結局、早いうちの自毛植毛は最も即効性がある」と感じた20代後半男性

【実録】 「結局、早いうちの自毛植毛は最も即効性がある」と感じた20代後半男性

20代といえば、いわゆるインターネット世代です。情報収集はスマホが主流。口コミには敏感な世代でしょう。20代半ばから薄毛に悩んでいたT・Oさん(28歳/男性)もその一人です。 名古屋市在住のT・Oさんは公務員となって2、3年目頃からストレスの影響で額の範囲が広がってきました。当然ネットで調べ、まずは「簡単に始められる」ということ...

記事の続きを読む

人気記事