処方薬(プロペシア・パントガール)

2018年12月01日 薄毛治療薬
処方薬(プロペシア・パントガール)

処方薬(プロペシア・パントガール)

薄毛は気になるけど生活習慣なんて簡単に変えられない…。
実は生活習慣を見直す以外にも薄毛の治療法はあるのです。飲む育毛剤といわれる、薬の服用による薄毛の改善を紹介します。

□プロペシア

プロペシアは元々前立腺の病気の治療薬として使われてきましたが、男性の薄毛の原因となるジヒドロテストステロンを抑制し、 脱毛を抑える効果があると分かり、現在では薄毛の治療薬としても一般的に使われています。
ただし、未成年と女性は体に深刻な被害が出てしまうので、服用は絶対にNGです。
体外から有効成分を吸収してしまうので、錠剤に直接触れるのも控えるようにしましょう。

□パントガール

パントガールは主に女性に処方されますが、栄養が足りなくなった髪の毛に必要な栄養を送るというものなので、 男性でも髪の毛が弱って細くなったりコシがなくなった人に向いています。
生活習慣を整えながら徐々に減らしていけるといいですね。

飲む以上副作用って気になりますよね。
プロペシアには

  • 頭痛
  • 腹痛、胃もたれ
  • 眠気
  • 性欲の減退
  • 勃起機能不全

等があります。
副作用は必ず起きるものではなく、個人の体質や相性によるところが大きいので、不安や異変がある場合は医師に相談しましょう。

パントガールは医薬品として認可されていないので、サプリメントという扱いになります。
とはいえ、個人輸入だと品質に問題があったり偽物を購入してしまうリスクがあるので、比較的安全性が高いクリニックで処方されたものをおすすめします。

関連記事

大阪、梅田の植毛クリニック費用比較

大阪、梅田の植毛クリニック費用比較

やっぱり気になる費用の話 植毛の治療費は、クリニックによって様々です。 植毛する毛髪の本数や株(グラフト)単位で料金設定をしているところもあれば、ドナー採取面積で料金を設定しているクリニックもあります。 また、植毛の方法によって、同じクリニックでも料金の設定方法が異なります。 当サイトで紹介しているクリニックの治療費用も、基本料...

記事の続きを読む

自毛植毛手術の費用が用意できない!そんな人のための医療ローン

自毛植毛手術の費用が用意できない!そんな人のための医療ローン

日本は国民皆保険制度が確立しており、たいていの医療行為には保険が適用されます。ところが先進医療や美容整形、レーシック手術、インプラントといった自由診療にあたる医療行為は保険適用外です。 自毛植毛も自由診療となっており、患者様が例え健康保険に加入していても、支払う治療費は全額自己負担となります。 自毛植毛手術の費用は移植する...

記事の続きを読む

自毛植毛に医療ローンを利用したいけれど、誰でも可能なの?審査基準は?

自毛植毛に医療ローンを利用したいけれど、誰でも可能なの?審査基準は?

前回の記事でふれたように、自毛植毛手術などに見られる自由診療は、保険適用外です。保険適用外の高額な治療費を支払う際に役立つのが医療ローン。つまり、融資された金額の使用を医療行為に制限したローンです。 自毛植毛は、2,000株以上の移植手術になると200万円以上になることも多々あり、特に20代や30代にとってみるとコスト面でのハー...

記事の続きを読む

人気記事