自毛植毛とカツラとの違い

2018年11月29日 自毛植毛への疑問
自毛植毛とカツラとの違い

自毛植毛とカツラとの違い

カツラとは、人工の皮膚に人工毛を付けて頭に被り、全て人工的に作られた髪の毛です。
近年の技術のおかげで、自然な頭髪と間違えるほど美しい仕上がりになるものもあります。

カツラのメリット

被るだけなのでラクチン

初めは装着に時間がかかるかもしれませんが、慣れてしまえば、すぐに被れるので楽にセットできます

カツラの被り分けで様々なヘアスタイルに

お好みのカツラを被ればおしゃれなヘアスタイルが完成します。

カツラのデメリット

医療用のカツラは高級品

金額はメーカーによって様々ですが、オーダーメイドのカツラになると10万以上の金額になります。
また消耗品のため、2年に1度のペースで買い替える必要があります。
結構な費用がかかってきますね。

抜け毛を促してしまう可能性がある

日中ずっとかつらを被っていると、頭皮は汗で蒸れた状態になります。
蒸れた状態は、頭皮や毛根にはとても良い環境とは言えません。
薄毛を隠すためのカツラで薄毛が進行してしまっては、元も子もないですよね。

また女性にとってはカツラというと抵抗があるかもしれませんが、 最近ではウイッグといった呼び方が浸透しています。
余談ですが、カツラとウイッグの違いとは?と疑問に思われた方のために。
カツラもウイッグも意味は同じですが、一般的に、カツラは薄毛を隠すため、 ウイッグは髪型を変えたいなどのファッション性を重視したときに用いられています。

自毛植毛のメリット

自毛植毛とは、自分の髪の毛を薄くなった部分に移植する方法です。
医療行為に当たるため、実際にクリニックに通院して治療(手術)をしてもらいます。

自然な仕上がりになる

移植するのは自分の髪の毛なので、より自然な仕上がりになります。

トータルコストはお得

1回の手術費用は高額ですが、1つ数十万のかつらを長年メンテナンスしながら使用するより、トータルで見ると断然安く仕上がります。

自毛植毛を行っているクリニックが多くあります。
クリニックにより、植毛プラン、技術、費用はさまざまです。
ご自身に合ったクリニックを探してみてはいががでしょうか。

関連記事

【インタビュー】毛根の無いおでこへの植毛は可能?26歳男性の切実な悩み

【インタビュー】毛根の無いおでこへの植毛は可能?26歳男性の切実な悩み

抜け落ちてしまった箇所へ移植するイメージが強い自毛植毛手術ですが、元々毛根が無い箇所への移植は可能なのでしょうか。生まれつきおでこが広く、コンプレックスに感じていたY・Hさん(26歳/男性)は、とても悩んでいたそうです。 育毛や増毛はほとんどが元にある髪の毛や毛根を活かすもの。「自分には試せるものが無いのでは」と落ち込みましたが...

記事の続きを読む

【インタビュー】「痛くない」「傷が残らない」「日帰り」という自毛植毛手術を求める40歳男性

【インタビュー】「痛くない」「傷が残らない」「日帰り」という自毛植毛手術を求める40歳男性

自毛植毛は外科手術です。当然、検討するとなると「痛み」「傷跡」は気になるところ。練馬区に住むK・Sさん(40歳/男性)もその一人です。都内に勤務している銀行マンで、「手術後はすぐに職場復帰できるのか」ということも懸念材料でした。 元来、慎重派な性格のK・Sさん。自毛手術を検討するにあたって「痛みが少ない」、「傷跡が残らない」、「...

記事の続きを読む

【実録】旅行好き42歳キャリアウーマン。分け目が気になり自毛植毛を決意

【実録】旅行好き42歳キャリアウーマン。分け目が気になり自毛植毛を決意

外資系商社で働くC・Fさん(42歳/女性)は、仕事でもプライベートでも海外へ行くことが多いキャリアウーマンです。英語を使う機会が多く、英会話教室に通っています。また、仕事は体力勝負なので、ジムで体を鍛えることも忘れません。 学生時代から旅行が好き。社会人となった現在も休日は国内外問わず弾丸旅行を決行するなど、非常にアクティブな一...

記事の続きを読む

人気記事