植毛に最適な「毛」はあるの?

2018年11月24日 自毛植毛への疑問
植毛に最適な「毛」はあるの?

植毛に最適な「毛」はあるの?

「自毛植毛を考えてはいるけど、どこの毛を使うんだろう」
「自毛植毛に適した毛はあるのかな」などの疑問を抱いたことはないでしょうか。

初めて自毛植毛をする方にとっては疑問がたくさんあると思いますが、
どこからどうやって自分の毛を持ってくるのか気になると思います。
自毛植毛は、自分の後頭部や側頭部の頭髪を採取して気になる部分に移植していきます。
つまり最適な「毛」は後頭部に生えている太くて強い毛です。

薄毛にならない後頭部の毛を移植することにより、移植部分は半永久的に生え変わりつづけます。
後頭部の毛の性質そのまま移植先で生えてきますので、より太くて強い毛が最良と言われています。
よって、植毛に最適な毛は、後頭部の太くて強い毛と言うことになります。

▸ 自毛植毛と人工毛植毛の違いについてはこちら

▸ 自毛植毛の種類についてはこちら

▸ 自毛植毛はどのくらいの本数を植毛できるのか

関連記事

【インタビュー】毛根の無いおでこへの植毛は可能?26歳男性の切実な悩み

【インタビュー】毛根の無いおでこへの植毛は可能?26歳男性の切実な悩み

抜け落ちてしまった箇所へ移植するイメージが強い自毛植毛手術ですが、元々毛根が無い箇所への移植は可能なのでしょうか。生まれつきおでこが広く、コンプレックスに感じていたY・Hさん(26歳/男性)は、とても悩んでいたそうです。 育毛や増毛はほとんどが元にある髪の毛や毛根を活かすもの。「自分には試せるものが無いのでは」と落ち込みましたが...

記事の続きを読む

【インタビュー】「痛くない」「傷が残らない」「日帰り」という自毛植毛手術を求める40歳男性

【インタビュー】「痛くない」「傷が残らない」「日帰り」という自毛植毛手術を求める40歳男性

自毛植毛は外科手術です。当然、検討するとなると「痛み」「傷跡」は気になるところ。練馬区に住むK・Sさん(40歳/男性)もその一人です。都内に勤務している銀行マンで、「手術後はすぐに職場復帰できるのか」ということも懸念材料でした。 元来、慎重派な性格のK・Sさん。自毛手術を検討するにあたって「痛みが少ない」、「傷跡が残らない」、「...

記事の続きを読む

【実録】旅行好き42歳キャリアウーマン。分け目が気になり自毛植毛を決意

【実録】旅行好き42歳キャリアウーマン。分け目が気になり自毛植毛を決意

外資系商社で働くC・Fさん(42歳/女性)は、仕事でもプライベートでも海外へ行くことが多いキャリアウーマンです。英語を使う機会が多く、英会話教室に通っています。また、仕事は体力勝負なので、ジムで体を鍛えることも忘れません。 学生時代から旅行が好き。社会人となった現在も休日は国内外問わず弾丸旅行を決行するなど、非常にアクティブな一...

記事の続きを読む

人気記事