切開しない自毛植毛手術「FUE法」。傷跡は?洗髪は?術後のアフターケアについて

2018年12月14日 手術について
切開しない自毛植毛手術「FUE法」。傷跡は?洗髪は?術後のアフターケアについて

薄毛対策において「髪の毛が増える」という効果を得られる方法として検討すべきは自毛植毛です。この自毛植毛施術術は、メスを使って皮膚を移植する「FUT法」と、医療器具パンチで移植毛を1株ごとに採取する「FUE法」があります。

通常のFUE法はFUT法と比べて手術に時間がかかり、技術を要するためコストも上がりがち。しかしながら、縫合や抜糸がないので日帰り施術が可能であり、術後のダウンタイムは約2、3日程度なので、今は、多くのクリニックで取り入れられている手法です。

FUE法を発展させたMIRAI

身体への負担軽減を第一に考え、QOLを考慮したFUE法。この術式を発展させたのが親和クリニックの「MIRAI法」です。熟練された医師の技術と高性能医療器具が必要となりますが、MIRAI法は薄毛治療に精通した医師が直径0.6mmの極細径パンチブレードなどを用いて手術することで、1日で約4,000株の自毛植毛が可能となります。

おおよそのイメージですが、片方の手のひらで1500株のイメージですので、4000株というと両手のひら以上の大きさをカバーできます。

これにより、従来の手法より高密度で、広範囲の移植を行うことが可能になりました。高等な技術が必要とされる頭頂部や、つむじへの移植実績も豊富で、自然なボリューム感を出すことに定評があります。

極細径パンチブレードを用いるMIRAI法は、傷跡が小さく目立ちにくいという利点があります。移植毛を採取する後頭部には、1mmに満たない微少な点傷のみ。美容室でもほとんど気付かれることはないんじゃないでしょうか。

また、MIRAI法は一般的な自毛植毛手術とは違い、高い技術を持った医師と看護師による医療チーム体制で行われます(ちなみに、親和クリニックの医師は外科出身の医師が中心となり構成されています)。通常、1度の手術で移植できる株数は1,600株程度。約4,000本の毛髪です。しかし、MIRAI法は1度の移植で通常の2倍以上である約3,000~4000株の自毛植毛を実現させています。

これは高い技術力のある医師と施術の経験豊富な看護師により医療チームのみのなせる技といえます。

このスピーディーな手術によって、術後の痛みやダウンタイムが大幅に軽減。腫れについては個人差がありますが、約1週間もすれば収まりますので、大概の方は施術を受けたということにまず気づかれることはないと言えます。

手術翌日に洗髪サービス

FUE法手術翌日から洗髪が解禁になります。しかし、頭皮に傷や出血がある状態での洗髪に抵抗を感じる人も多いはずです。

この点、MIRAI法には、最新の創傷治療理論に基づいた手術翌日の洗髪サービスがあります。

スタッフが丁寧に洗髪することで、移植部分に目立つかさぶたの形成を防ぐことが可能。外見上の違和感や頭皮の不快感を圧倒的に軽減できます。

一方で、メスを使ったFUT法の場合、皮膚をメスで切開し、グラフトを移植するため、かさぶたも必然的にできてしまいます。かさぶたは手術をしてから約3日程度で形成され、約2週間ほどで取れ始めますが、目立つ要因となるでしょう

かさぶたが取れ始めると痒みが生じます。この時、頭皮を掻きむしってしまうと、定着する前の毛根が頭皮から剥がれ落ちてしまう恐れがあります。

定着率を考えると、FUEがオススメといえます。また、FUEの定着率を上げるために、術後のケアも非常に重要になります。つまり、術後にできるだけ痒みが出ないようにするには、普段から頭皮を清潔に保っておくこと。つまり、手術翌日のプロによる洗髪サービスが必要といえます。

この点、親和クリニックのMIRAI法は、術後ケアの洗髪サービスまで行き届いていて、とても理にかなっています。

薄毛対策はその方法も重要ですが、アフターケアも非常に大切です。自毛植毛の場合、フォロー体制が万全であるクリニックを選ぶことが安心につながります。

関連記事

【インタビュー】毛根の無いおでこへの植毛は可能?26歳男性の切実な悩み

【インタビュー】毛根の無いおでこへの植毛は可能?26歳男性の切実な悩み

抜け落ちてしまった箇所へ移植するイメージが強い自毛植毛手術ですが、元々毛根が無い箇所への移植は可能なのでしょうか。生まれつきおでこが広く、コンプレックスに感じていたY・Hさん(26歳/男性)は、とても悩んでいたそうです。 育毛や増毛はほとんどが元にある髪の毛や毛根を活かすもの。「自分には試せるものが無いのでは」と落ち込みましたが...

記事の続きを読む

【インタビュー】「痛くない」「傷が残らない」「日帰り」という自毛植毛手術を求める40歳男性

【インタビュー】「痛くない」「傷が残らない」「日帰り」という自毛植毛手術を求める40歳男性

自毛植毛は外科手術です。当然、検討するとなると「痛み」「傷跡」は気になるところ。練馬区に住むK・Sさん(40歳/男性)もその一人です。都内に勤務している銀行マンで、「手術後はすぐに職場復帰できるのか」ということも懸念材料でした。 元来、慎重派な性格のK・Sさん。自毛手術を検討するにあたって「痛みが少ない」、「傷跡が残らない」、「...

記事の続きを読む

【実録】旅行好き42歳キャリアウーマン。分け目が気になり自毛植毛を決意

【実録】旅行好き42歳キャリアウーマン。分け目が気になり自毛植毛を決意

外資系商社で働くC・Fさん(42歳/女性)は、仕事でもプライベートでも海外へ行くことが多いキャリアウーマンです。英語を使う機会が多く、英会話教室に通っています。また、仕事は体力勝負なので、ジムで体を鍛えることも忘れません。 学生時代から旅行が好き。社会人となった現在も休日は国内外問わず弾丸旅行を決行するなど、非常にアクティブな一...

記事の続きを読む

人気記事