手術について

自毛植毛手術後の経過とライフイベントに合わせた改善プラン

自毛植毛手術後の経過とライフイベントに合わせた改善プラン

自毛植毛手術を行うと、術後3ヶ月程で一時的な抜け毛が起こります。 この抜け毛は、「移植毛の抜け毛」と、「既存毛の抜け毛」があります。 まず、移植毛の抜け毛は、「一時的脱落」と言います。 移植の際、後頭部から株を採取した際に、毛髪も一緒に移植されます。ただし、移植の際に毛髪は休止期に入る為、抜けます。ただし、毛根のヘアサイクル...

記事の続きを読む

移植した毛が抜け落ちる?手術後3ヶ月以内で頭皮に起きること

移植した毛が抜け落ちる?手術後3ヶ月以内で頭皮に起きること

自毛植毛で気になるのは【手術後の経過】です。一般的に移植した毛髪が全て生え揃うのは、手術を受けてからおよそ1年後。実は移植した毛髪は一旦抜け落ちてしまうのです。実際に驚く方も多くいらっしゃいますが、通常の経過となる為心配する必要はありません。 株がしっかりと生着(自分の毛根として定着すること)していれば何の問題もなく、その後はし...

記事の続きを読む

瘢痕性(傷跡)脱毛症で悩んでいる人必見。元々ある傷跡部分に自毛植毛は可能なのか

瘢痕性(傷跡)脱毛症で悩んでいる人必見。元々ある傷跡部分に自毛植毛は可能なのか

怪我や火傷などによって頭皮に傷が残り、そこから髪の毛が生えなくなることを「瘢痕性脱毛症」と呼びます。これは、髪の毛を生成する毛包が外部から強い刺激を受け、破壊されることで引き起こされる症状です。 毛包が消失してしまうと、育毛剤で髪の毛が生えてくることはありません。なぜなら、髪の毛の生まれ変わるサイクル(ヘアサイクル)が止まってし...

記事の続きを読む

バレにくい自毛植毛とは。手術後の髪型は不自然ではない?カバーシートが必要?

バレにくい自毛植毛とは。手術後の髪型は不自然ではない?カバーシートが必要?

多くの人が不安材料に感じている自毛植毛手術後の髪型。「手術したことを他の人に知られたくない」というのが本音でしょう。しかし、自毛植毛は外科手術です。術後の赤み、かさぶたを完璧に隠すことは難しいのですが、ほとんど目立たないようにはできるのです。 FUT法は傷が目立つ可能性が メスを使うFUT法は側頭部・後頭部の頭皮を切り取り、気にな...

記事の続きを読む

切開しない自毛植毛手術「FUE法」。傷跡は?洗髪は?術後のアフターケアについて

切開しない自毛植毛手術「FUE法」。傷跡は?洗髪は?術後のアフターケアについて

薄毛対策において「髪の毛が増える」という効果を得られる方法として検討すべきは自毛植毛です。この自毛植毛施術術は、メスを使って皮膚を移植する「FUT法」と、医療器具パンチで移植毛を1株ごとに採取する「FUE法」があります。 通常のFUE法はFUT法と比べて手術に時間がかかり、技術を要するためコストも上がりがち。しかしながら、縫合や...

記事の続きを読む

毛根組織を移植する自毛植毛。FUT法とFUE法の違いと手術中の痛みは?

毛根組織を移植する自毛植毛。FUT法とFUE法の違いと手術中の痛みは?

薄毛の根本的な治療法は自毛植毛です。自毛植毛は、自分自身の後頭部や側頭部の毛根組織を気になる箇所へ移植します。つまり、手術を伴う外科的治療法。では、自毛植毛の手術に痛みはあるのでしょうか。 自毛植毛の手術、FUT法とFUE法について 自毛植毛の手術は、メスで後頭部の皮膚を切開して頭皮ごと移植毛を採取するFUT法(FOLLICULA...

記事の続きを読む

効果が見込める薄毛対策は薬?カツラ?増毛?マッサージ?植毛?手術の種類や違いも徹底解説

効果が見込める薄毛対策は薬?カツラ?増毛?マッサージ?植毛?手術の種類や違いも徹底解説

薄毛の対策や治療には様々な方法があります。手軽なものは薬による対策で、薬局や通販で購入可能な発毛剤、育毛剤です。また、AGAクリニックなどでは、内服薬や外用薬を使った投薬治療、注入治療が行われています。 薬は後退を防ぐが根治に至らない 近年話題となっているのが、血管拡張薬として開発された外用薬ミノキシジルです。この成分は国内で、発...

記事の続きを読む