“人生が変わる瞬間”に立ち会う親和クリニック大阪院カウンセラーにインタビュー

2019年02月06日
“人生が変わる瞬間”に立ち会う親和クリニック大阪院カウンセラーにインタビュー

自毛植毛手術において、患者さまと最も近い距離でコミュニケーションをとるのはカウンセラーです。カウンセラーは患者さまの切実な悩みから喜びの表情などを一番感じる職業。

開院4年目で多くの患者さまを笑顔にしてきた親和クリニック大阪院のカウンセラーは、どのように感じているのでしょうか。

「関西圏だけでなく、もっと多くの方にも知って頂きたい」

-大阪院に来院する患者さまの特徴は。

カウンセラー

当院は20代から70代まで幅広い年齢層の方がご来院します。薄毛という繊細なお悩みではありますが、「自毛植毛手術をすれば解決する」と前向きに考えている方が多いと感じます。お問い合わせの時点で「術後の症状や状態」、「術式」、「費用や支払い方法と治療について」などの細かい質問も多くいただきます。

-ほとんどが大阪在住の方ですか。

カウンセラー

そうですね。大阪府内、兵庫県内、京都府内といった都市部にお住まいの患者さまが半数以上です。しかしながら、関西圏以外の中国、四国地方から来院される方も多くいらっしゃいますよ。

-よく相談される悩みは何でしょうか

カウンセラー

薄毛の箇所は生え際や頭頂部などさまざまですが、「無くなった髪の毛を取り戻したい」、「薄くなる前の状態に近付きたい」という希望を持った方が多いですね。

-カウンセラーとして、どのように対応するのですか。

カウンセラー

まず、お悩みの詳細な内容やご希望のイメージをお伺いし、そのお悩みの解決やご希望を叶えるためには、どのような治療を行う事がベストかを考えます。次に、その治療を行う事でどのように変化するのかなど、画像やスライドを用いて患者さまが想像しやすいようにご案内しています。カウンセリングに来院される患者さまのほとんどが「本当に効果があるのか」や「手術が怖い」といった不安を抱えていらっしゃいます。その不安を取り除けるように。一つひとつ丁寧に説明する事を心掛けています。

-カウンセラーはどのような存在なのでしょう。

カウンセラー

悩んでいるだけでは答えは出ません。また、カウンセラーにお話をして頂くだけでは何も変わりません。せっかく当院へ足を運んでいただき、ご相談頂いたのですから、お悩み解決のための「答え」見つけて頂きたいと思います。カウンセラーは、患者さまが動き始めるきっかけを作る存在でありたいと思っています。

-これまでで印象に残っているエピソードはありますか。

カウンセラー

ある患者さまが手術の日程を決め、血液検査を終えてカウンセリングルームに戻られた時「これで僕の人生が変わりますね」と明るい表情でお話しされました。“人生が変わる”というと大げさな表現に思うかもしれませんが、長年薄毛で悩まれてきた患者さまにとっては本当に人生が変わる大きな出来事なのだと思い、人の人生を左右する仕事に携わっているのだと実感をしたのを覚えています。

-その患者さまのその後はいかがでしたか。

カウンセラー

1年後、その患者様は“人生が変わる”と言った時よりも明るい笑顔で「悩んでいた時間がもったいなかった」、「早く手術すればよかった」、「これからカウンセリングする人にそう言っておいて」と植毛手術を受けた先輩としてのアドバイスをしてくださいました。

コンプレックスを感じた時に受けるのがベスト

-手術前後で患者さまに大きな変化は見られますか。

カウンセラー

とても良くみられます。手術前は外科手術に対する不安感や緊張もありながら1年後の変化への期待もあり、少し複雑な感情で手術日までをお過ごしになる方が多いです。手術が終わると、無事に終わった安心感と、これから変化に対する期待感ですっきりとした表情でお帰りになられます。術後半年、そして1年の検診時には、手術後の期待感が実際に手術の効果を感じて喜びで笑顔に変わります。具体的には、実際の患者様でモノトーンの落ち着いた色目の洋服を着ていた方が、手術によって少しずつ髪の毛が生えてきた事で自信を取り戻し、華やかな色目の洋服を着る様になったりします。また、お話をする声のトーンも明るくなった方も多くいました。

-カウンセリングに行くタイミングは。

カウンセラー

やはり薄毛に気づいた時やそれをコンプレックスと感じた時にすぐにご来院頂くのがベストです。AGAなどの脱毛症であれば時間の経過ともに進行するので、判断が遅いと薄毛の範囲も広がってしまい、頭皮や頭髪の状態によってご希望に添えなくなる場合もあります。何でもそうですが時間が経ってから無くなったものを取り戻すは容易ではありません。だからこそ治療は“気付いた時に早い段階で行う事”をお薦めします。

-大阪院の今後の課題を教えてください。

関西圏どこからでもアクセスの良い中心地にある当院ですが、やはりご来院頂く患者さまは大阪府内や兵庫県内、京都府内にお住まいの方が多いです。和歌山、奈良、滋賀にお住まいの方、更には中国、四国地方の方にも自毛植毛の良さをもっと知って頂きたいです。「距離があり行きにくい」と思っていらっしゃる方に当院へご来院頂き、お悩み解決のお手伝いができればと思います。

-では、薄毛に悩んでいる方へメッセージをお願いします。

カウンセラー

薄毛のお悩みは、誰にも相談できずに一人で抱え込んでいる方や様々な治療をしても効果を感じずに落ち込んでいる方が多くいらっしゃいます。ですが、一人で悩んでいても解決はしません。お悩みを解決するためには、まず一歩踏み出して私たちカウンセラーに全てお話しください。皆さまにとって一番の相談相手となれるように、一緒にお悩み解決への最良の方法を考えて参ります。生やしたい箇所に、ご自身の髪の毛を生やす事ができる唯一の方法は自毛植毛手術。1年後にその効果を実感し、笑顔になっていく方がもっともっと増えて欲しいと願います。ぜひ、このサイトをご覧の皆さまにも、同じ様に髪の毛が生える喜びを感じて頂きたいと思います。

 

-ありがとうございました。

関連記事

【インタビュー】毛根の無いおでこへの植毛は可能?26歳男性の切実な悩み

【インタビュー】毛根の無いおでこへの植毛は可能?26歳男性の切実な悩み

抜け落ちてしまった箇所へ移植するイメージが強い自毛植毛手術ですが、元々毛根が無い箇所への移植は可能なのでしょうか。生まれつきおでこが広く、コンプレックスに感じていたY・Hさん(26歳/男性)は、とても悩んでいたそうです。 育毛や増毛はほとんどが元にある髪の毛や毛根を活かすもの。「自分には試せるものが無いのでは」と落ち込みましたが...

記事の続きを読む

【インタビュー】「痛くない」「傷が残らない」「日帰り」という自毛植毛手術を求める40歳男性

【インタビュー】「痛くない」「傷が残らない」「日帰り」という自毛植毛手術を求める40歳男性

自毛植毛は外科手術です。当然、検討するとなると「痛み」「傷跡」は気になるところ。練馬区に住むK・Sさん(40歳/男性)もその一人です。都内に勤務している銀行マンで、「手術後はすぐに職場復帰できるのか」ということも懸念材料でした。 元来、慎重派な性格のK・Sさん。自毛手術を検討するにあたって「痛みが少ない」、「傷跡が残らない」、「...

記事の続きを読む

【実録】旅行好き42歳キャリアウーマン。分け目が気になり自毛植毛を決意

【実録】旅行好き42歳キャリアウーマン。分け目が気になり自毛植毛を決意

外資系商社で働くC・Fさん(42歳/女性)は、仕事でもプライベートでも海外へ行くことが多いキャリアウーマンです。英語を使う機会が多く、英会話教室に通っています。また、仕事は体力勝負なので、ジムで体を鍛えることも忘れません。 学生時代から旅行が好き。社会人となった現在も休日は国内外問わず弾丸旅行を決行するなど、非常にアクティブな一...

記事の続きを読む

人気記事