大阪で確実な効果と実績が評判のクリニック。独自の術式により関西圏で多くの支持を得ている親和クリニック大阪院院長インタビュー

2019年02月06日
大阪で確実な効果と実績が評判のクリニック。独自の術式により関西圏で多くの支持を得ている親和クリニック大阪院院長インタビュー

関西の中心地である大阪は、商業の中心地であり、近代的な建築、繁華街、食べ歩きグルメで有名です。また、新喜劇や上方漫才のように笑いの文化も盛ん。このような関西の薄毛事情はどうなっているのでしょうか。

今回はJR「大阪」駅から徒歩5分、JR東西線「北新地」駅から徒歩1分の親和クリニック大阪院、滝田賢一院長にインタビューしました。

様々な薄毛対策をした人が行き着くクリニック

-院長のご経歴を教えてください。

滝田賢一院長(以下、滝田)

1993年に医大の大学院を卒業し、そのまま大学病院に勤務していました。2004年から国立病院機構福島病院に勤め、2014に親和クリニック新宿院の副院長に。翌年の2015年から大阪院の院長に就任しました。

-親和クリニックのドクター生活が5年目になります。

はい。自毛植毛の手術はこの4年間で1,500症例以上を経験しました。得意とする術式は、親和クリニックでもお馴染みのメスを使わず切開しないFUE法です。

-親和クリニック全体の実績はいかがでしょうか。

2014年10月に開院した親和クリニックは現在、大阪院を含む全国4クリニックの規模になりました。4クリニック合計での年間施術数は約1,000件。開院から約3,000件の施術を行っております。AGA症状の植毛であれば、生着率も90%から95%と非常に高い生着率を誇っております。

-その中でも大阪院の特徴は。

メスを使わず痛みが少ない施術法なので、患者さまの身体への侵襲を最小限に抑え、安心安全なお且つ成績の良い手術であることが当院の特徴です。施術前後で髪型が変わらず、後頭部を刈り上げないNC-MIRAI法や、ライフスタイルや予算面に合わせた完全オーダーメイド式のUNITED-MIRAI法など、当院独自の手術法により、年齢、職業、性別問わず幅広い方に選ばれています。また、高等技術が必要とされる「頭頂部」「つむじ」「女性」への移植実績も豊富です。

-来院する患者さまの傾向は。

やはり「薄毛を改善したい」、「髪の毛を生やしたい」という方がほとんどです。これまでカツラやウィッグ、育毛サロンなどの様々な薄毛対策をしてこられた方も多いですね。昨今、様々な薄毛対策が謳われておりますが、根本的に自分の髪の毛を生やすことができるのは自毛植毛手術しかありません。この事をもっと多くの方に知っていただければ嬉しいです。

ニーズを捉えた豊富な術式が喜ばれている

-関西圏のクリニックにおける特異点はありますか。

関西圏の方は非常に親しみやすく、悩みすらも明るく話される方も多いように感じます。また、はっきり明確な意思をお伝えいただける方が多いので、患者さまの将来の理想像がイメージしやすいです。具体的に「こうなりたい」とお伝えいただけると、こちらもご提案しやすいですね。

-どのような施術が多いのでしょうか。

コスト面や大量の移植を可能にしたメガセッションなどの理由から、MIRAI法をご選択される方が多いように思います。しかし、職業の環境や周りにバレたくない思いがあるなど、患者さまのご事情は様々です。患者さまが置かれている状況や求めているニーズに合わせて、NC―MIRAI法やUNITED-MIRAI法などの選択肢を用意している点が非常に喜ばれています。

-やりがいを感じる瞬間をお教えください。

手術をしてから半年後と1年後に検診があります。患者さまとは久しぶりに顔を合わせるのですが、この時に喜びの声を直接聞かせて頂けることが大変嬉しいです。悩みが軽減されることで、明るく前向きになっていく患者さまのお姿には感動すら覚えます。

-薄毛に悩んでいる関西圏在住の方にメッセージをお願いします。

自分の髪の毛を生やしたいと思い、根本的治療をお望みの方はぜひ親和クリニック大阪院にお越しいただきたいです。薄毛治療は近年着実に進歩しておりますが、巷には様々な情報が散見されます。確かな効果があり、最も適した治療は何なのか。それを自分自身で判断することを難しく感じている方も多いのが現状。ぜひ専門家のアドバイスを受けてみてください。

-最後に、大阪院の今後の展望をお聞かせください。

これまでに多くの患者さまが、感じてこられた喜びをもっと多くの方に感じていただけるお力になりたいと願っております。そのためには、医師や看護師、カウンセラーがそれぞれプロフェッショナルとして、技術の研鑽に努めなくてはなりません。「自毛植毛は敷居が高く、クリニックには行きにくい」と思っている方が少しでも勇気を出して踏み出せるようサポートし、最善の治療と効果を提供できるよう精進致します。

-ありがとうございました。

関連記事

【インタビュー】毛根の無いおでこへの植毛は可能?26歳男性の切実な悩み

【インタビュー】毛根の無いおでこへの植毛は可能?26歳男性の切実な悩み

抜け落ちてしまった箇所へ移植するイメージが強い自毛植毛手術ですが、元々毛根が無い箇所への移植は可能なのでしょうか。生まれつきおでこが広く、コンプレックスに感じていたY・Hさん(26歳/男性)は、とても悩んでいたそうです。 育毛や増毛はほとんどが元にある髪の毛や毛根を活かすもの。「自分には試せるものが無いのでは」と落ち込みましたが...

記事の続きを読む

【インタビュー】「痛くない」「傷が残らない」「日帰り」という自毛植毛手術を求める40歳男性

【インタビュー】「痛くない」「傷が残らない」「日帰り」という自毛植毛手術を求める40歳男性

自毛植毛は外科手術です。当然、検討するとなると「痛み」「傷跡」は気になるところ。練馬区に住むK・Sさん(40歳/男性)もその一人です。都内に勤務している銀行マンで、「手術後はすぐに職場復帰できるのか」ということも懸念材料でした。 元来、慎重派な性格のK・Sさん。自毛手術を検討するにあたって「痛みが少ない」、「傷跡が残らない」、「...

記事の続きを読む

【実録】旅行好き42歳キャリアウーマン。分け目が気になり自毛植毛を決意

【実録】旅行好き42歳キャリアウーマン。分け目が気になり自毛植毛を決意

外資系商社で働くC・Fさん(42歳/女性)は、仕事でもプライベートでも海外へ行くことが多いキャリアウーマンです。英語を使う機会が多く、英会話教室に通っています。また、仕事は体力勝負なので、ジムで体を鍛えることも忘れません。 学生時代から旅行が好き。社会人となった現在も休日は国内外問わず弾丸旅行を決行するなど、非常にアクティブな一...

記事の続きを読む

人気記事