【実録】おでこが広いコンプレックスを持つ23歳女性。「気軽に相談でき、安心感のあるクリニック」

2019年01月31日
【実録】おでこが広いコンプレックスを持つ23歳女性。「気軽に相談でき、安心感のあるクリニック」

20代前半で薄毛に悩む女性もいます。K・Mさんもその一人。埼玉にある実家から、東京の証券会社に勤めています。K・Mさんは学生時代からおでこが広く、そのことで長年悩みを抱えていました。

そのため人前に出ることが苦手で、前髪で隠していたそうです。また、人目が気になり、引きこもりがちになってしまったことも。社会人になっても、自分に自信が持てず、仕事に対しても後ろ向きに考えてしまいます。

薄毛は進行していき、次第に前髪で隠すのにも限界が近づいていました。ある日、ニュースサイトを閲覧していると目に留まったのが自毛植毛の記事。「これなら治せるかも」と思い、調べ始めました。

K・Mさんは自分の考えに自信が無く、少しネガティブな一面があります。物事を判断するときは第3者の意見を参考するため、自毛植毛については主に体験談やクチコミ、SNSでの情報収集をしていきました。すると、自分と同じ事例を掲載していた親和クリニックを発見。同クリニックは新宿、名古屋、大阪、福岡の4院を展開しています。都内では万が一知人にバレてしまう恐れもあるので、大阪院を選択。早速カウンセリングに行くことにしました。

初めての自毛植毛は不安が多い

実は「カウンセリングに行くのも不安だった」というK・Mさん。「手術は痛いのか」、「手術痕は残らないのか」、「具体的にどのくらいお金がかかるのか」など様々な疑問を持っていました。

そもそも自毛植毛について不透明な部分があり、まずは気軽にスタッフに聞くことができる、雰囲気の良いクリニックを探していました。「ネットで探しているうちに親和クリニックが気になったのでカウンセリングだけでもと思い、カウンセリングを受けたら自分の納得がいく手術と値段でした。皆さんとても親切で手術に対する恐怖も無く、リラックスして話を聞くことができました」とK・Mさんは話しています。

では、なぜ親和クリニックが良かったのでしょうか。同クリニックはまず、自毛植毛と薄毛治療に精通したドクターが診察します。ここで患者の症例に合わせた治療の提案やリスク、効果、方針などを丁寧に説明します。

次に、専門カウンセラーがカウンセリングとともに費用や支払い方法、手術の流れなどを詳しく教えてくれます。手術は1日で完了することや、効果が最大限感じられる時期はおよそ1年後である旨など、包み隠さず解説。患者のライフプランに合わせた最適な治療スケジュールを提案してくれることもポイントです。

このように、親和クリニックではドクターとカウンセラーによるWカウンセリングを実施。技術的なことから心理的なこと、費用のことまでを手術前に幅広く確認できるのです。もともと大人しいK・Mさんは、「急かさず押し売りしない」という所も気に入ったようです。

女性だからこそ術後の生活も気になる

K・Mさんが希望の一つに挙げていた「痛みの少なく、手術痕が残らない施術」。これは正に親和クリニックが得意とするところ。局所麻酔をするので、いずれの手術も痛みはほとんどありません。メスを使わないFUE法を進化させた「MIRAI法」は、患者の負担を軽減するために開発された0.6mmのパンチブレードで施術します。これにより、術後の痛みやダウンタイムも大幅に少なくなりますし、手術痕も目立ちません。

K・Mさんは「手術当日はとても緊張しましたが、手術中は先生や看護師さんたちが何度も声をかけて下さったのでとても安心できました」と振り返ります。

また、女性にとって気になるのは術後の生活について。親和クリニックは「患者さまサポート相談室」を設けており「手術後の入浴について」、「いつから働けるか」、「負荷をかけない洗髪のコツ」、「睡眠時の注意点」などの相談に乗ってくれます。

「アフターケアまでしっかり手伝ってくれて、自毛植毛の知識について教えてもらえるクリニック」を希望していたK・Mさんにとって、最適なサポート環境でした。

「術後のケアもしっかりしていて、親和クリニックにして良かったと思いました。何年かしてもっと本数がほしいと思った時は、迷わず親和クリニックにお世話になりたいです」と語るK・Mさんは、手術前に比べてとても明るくポジティブになっています。

関連記事

【インタビュー】毛根の無いおでこへの植毛は可能?26歳男性の切実な悩み

【インタビュー】毛根の無いおでこへの植毛は可能?26歳男性の切実な悩み

抜け落ちてしまった箇所へ移植するイメージが強い自毛植毛手術ですが、元々毛根が無い箇所への移植は可能なのでしょうか。生まれつきおでこが広く、コンプレックスに感じていたY・Hさん(26歳/男性)は、とても悩んでいたそうです。 育毛や増毛はほとんどが元にある髪の毛や毛根を活かすもの。「自分には試せるものが無いのでは」と落ち込みましたが...

記事の続きを読む

【インタビュー】「痛くない」「傷が残らない」「日帰り」という自毛植毛手術を求める40歳男性

【インタビュー】「痛くない」「傷が残らない」「日帰り」という自毛植毛手術を求める40歳男性

自毛植毛は外科手術です。当然、検討するとなると「痛み」「傷跡」は気になるところ。練馬区に住むK・Sさん(40歳/男性)もその一人です。都内に勤務している銀行マンで、「手術後はすぐに職場復帰できるのか」ということも懸念材料でした。 元来、慎重派な性格のK・Sさん。自毛手術を検討するにあたって「痛みが少ない」、「傷跡が残らない」、「...

記事の続きを読む

【実録】旅行好き42歳キャリアウーマン。分け目が気になり自毛植毛を決意

【実録】旅行好き42歳キャリアウーマン。分け目が気になり自毛植毛を決意

外資系商社で働くC・Fさん(42歳/女性)は、仕事でもプライベートでも海外へ行くことが多いキャリアウーマンです。英語を使う機会が多く、英会話教室に通っています。また、仕事は体力勝負なので、ジムで体を鍛えることも忘れません。 学生時代から旅行が好き。社会人となった現在も休日は国内外問わず弾丸旅行を決行するなど、非常にアクティブな一...

記事の続きを読む

人気記事