【実録】学生時代から薄毛に悩む28歳男性。「周りに気付かれないように手術したい」

2019年01月31日
【実録】学生時代から薄毛に悩む28歳男性。「周りに気付かれないように手術したい」

大阪で一人暮らしをしながら、システムエンジニアとして働いているG・Mさん(28歳/男性)。大学時代から薄毛が気になり始め、目立たないような髪型で周りに気付かれないようにしていました。

G・Mさんは恥ずかしがり屋な一面があり、悩みを家族や友人に打ち明けられないタイプです。そのため、薄毛というコンプレックスは「誰にも知られることなく解消したい」と常々思っていました。

自身で可能な薄毛対策として、食生活の改善やマッサージを試しましたが、効果は得られなかったそうです。また、育毛剤も利用しましたがこちらも効果は表れず、髪型や帽子で隠す日々が続きました。20代のG・Mさんは年収が400万円。金銭面の都合もあり、本格的な対策も難しかったようです。

そんな中、偶然テレビで目にしたのが「自毛植毛」という存在。以来、スマートフォンで自毛植毛の治療法やコストなどを調べるように。G・Mさんは「手術をしたことは誰にも気付かれずに過ごしたい」というのを第一条件とし、手術内容や効果の見込める治療を重視したクリニックを探し始めました。

久しぶりに友人に会うのが億劫

G・Mさんが薄毛をコンプレックスに感じる一番の瞬間は、大学時代の友人に会う時。G・Mさんの趣味はアウトドアで、年に2回ほど友人と旅行するのが恒例行事です。久しぶりに友人に会う際、髪型にはとても神経をつかっていたそうです。旅行となると、長時間一緒にいるわけですから、常に髪型をチェックしなければなりません。当然、入浴にも気をつかいます。

「長年隠してきたのに今さら打ち明けるのは気が引けるし、何より恥ずかしい」という気持ちがあり、せっかく楽しみなはずの旅行に対して大きな疲弊感を覚えるようになりました。

クリニック調査

いよいよ本格的にクリニックを検討し始めたG・Mさん。とにかく、手術痕が残らない治療法で、周りに気付かれないようにすることを選定のポイントにしました。また、「納得できる値段」、「成功率が高く実績があり、信頼できるクリニック」、「自毛植毛についてプロフェッショナルであり、全スタッフに豊富な知識がある」、「入院が無く日帰りが可能で、手術に時間がかからない」といったことも条件に入れました。

スマートフォンで情報収集し、気になった情報はブックマークしてじっくり読むG・Mさん。様々な自毛植毛の情報やクチコミを読むうちに、「施術後のアフターケアにも親身になってくれるクリニック」、「体験談で書かれている内容と、実際のスタッフの対応に乖離が無いクリニック」という希望も出てきました。

そこで頭に残ったのが、自毛植毛専門の親和クリニックでした。

https://shinwa-clinic.jp/

正直なところ、いくつか検討していた植毛専門のクリニックはありました。

ですが、価格もさることながら、実績と術後のサポート、オンライン上の口コミなども重要視して。新和クリニックが良いのではと、徐々に心が固まってきました。

手術痕が残らない、手術直後の髪型が変わらない

G・Mさんの第一条件である「手術をしたことは誰にも気付かれずに過ごしたい」という希望。親和クリニックは、メスを使わないFUE法を進化させた「MIRAI法」という手術で治療します。痛みが少なく、高い生着率を誇り、何より手術痕が最小限なことに興味を持ったそうです。

さらに調べてみると、ドナー部となる後頭部を刈り上げることなく手術する「NC-MIRAI法」も実践していることが判明。つまり、手術前と後で髪型は変化しません。手術したことを周りに気付かれたくないG・Mさんにとって、理想的な術式だったのです。

その他のG・Mさんの希望も、親和クリニックはすべて満たしていました。手術に使用される医療器具は、独自技術で開発された国内最小径0.6mmのマイクロパンチブレード。これによって、傷跡を小さく目立ちにくくすることが可能です。「美容院に行ってもバレない」というのがG・Mさんにとって、非常に好印象だったそうです。

価格に関しても「MIRAI法」は1株900円、刈り上げない「NC-MIRAI法」は1株2,000円。これは実は全国的にみても、大変良心的な金額設定です。

もちろん、日帰りも可能でした。親和クリニックは日本国内の熟練したドクターとスタッフが揃っており、1度の手術で4,000株以上の大量移植も短時間で実施できる環境。スピーディーに手術を終えることで、患者への負担を軽減させるというクリニックの信念が感じられます。

G・Mさんが重視していたアフターケアも万全。特に、手術翌日の洗髪サービスです。これは最新の創傷治癒理論に基づいた専任スタッフによるサービス。早期癒着のため、かさぶたの形成を防ぎ、外見上の違和感や頭皮の不快感を軽減してくれます。

さて、思い切って親和クリニックで自毛植毛手術を受けたG・Mさん。「今まで行なっていた薄毛ケアでは全然改善されないので、植毛を考えるようになりました。親和クリニックさんのホームページを見て、メスを使わないというので興味をもちました。ネットでの評判が良かったのですが、実際来院してみてその通りでした。まだ経過は分かりませんが、勇気を出してよかったです。皆さまのご対応もすごく親切で安心して手術を受けることができました」と、喜びの声を寄せています。

関連記事

【インタビュー】毛根の無いおでこへの植毛は可能?26歳男性の切実な悩み

【インタビュー】毛根の無いおでこへの植毛は可能?26歳男性の切実な悩み

抜け落ちてしまった箇所へ移植するイメージが強い自毛植毛手術ですが、元々毛根が無い箇所への移植は可能なのでしょうか。生まれつきおでこが広く、コンプレックスに感じていたY・Hさん(26歳/男性)は、とても悩んでいたそうです。 育毛や増毛はほとんどが元にある髪の毛や毛根を活かすもの。「自分には試せるものが無いのでは」と落ち込みましたが...

記事の続きを読む

【インタビュー】「痛くない」「傷が残らない」「日帰り」という自毛植毛手術を求める40歳男性

【インタビュー】「痛くない」「傷が残らない」「日帰り」という自毛植毛手術を求める40歳男性

自毛植毛は外科手術です。当然、検討するとなると「痛み」「傷跡」は気になるところ。練馬区に住むK・Sさん(40歳/男性)もその一人です。都内に勤務している銀行マンで、「手術後はすぐに職場復帰できるのか」ということも懸念材料でした。 元来、慎重派な性格のK・Sさん。自毛手術を検討するにあたって「痛みが少ない」、「傷跡が残らない」、「...

記事の続きを読む

【実録】旅行好き42歳キャリアウーマン。分け目が気になり自毛植毛を決意

【実録】旅行好き42歳キャリアウーマン。分け目が気になり自毛植毛を決意

外資系商社で働くC・Fさん(42歳/女性)は、仕事でもプライベートでも海外へ行くことが多いキャリアウーマンです。英語を使う機会が多く、英会話教室に通っています。また、仕事は体力勝負なので、ジムで体を鍛えることも忘れません。 学生時代から旅行が好き。社会人となった現在も休日は国内外問わず弾丸旅行を決行するなど、非常にアクティブな一...

記事の続きを読む

人気記事