【インタビュー】いつまでもカッコ良いパパでいたい45歳男性が自毛植毛を受けた理由

2019年03月20日
【インタビュー】いつまでもカッコ良いパパでいたい45歳男性が自毛植毛を受けた理由

10歳の娘を持つT・Wさん(45歳/男性)。30代で結婚したのち、会社の転勤に伴い名古屋市に家族で引っ越してきました。

年々、髪が薄くなってきたことには気づいていましたが、年相応だと思い気に留めていなかったそうです。しかしある時、奥様から「最近薄くなってきたよね」と言われ気になり出します。

また、娘からも「恥ずかしい」と言われ、大きなショックを受けました。そこで何か薄毛対策を始めてみようと思い立ったところ、テレビでAGA治療を知りネットで詳しく調べてみることに。

傷跡が残らないFUE法という自毛植毛手術

-周りから指摘されるというのは相当ショックだったと思います。

「そうですね。特に娘の言葉は胸に刺さりました。私はカメラが趣味なので、家族写真もよく撮ります。いつまでもカッコ良いパパでありたいと強く感じました」

 

-AGA治療を知り、調べてみたそうですが。

「薄毛治療を調べていくうちに様々な対策がありました。膨大なネットの情報に混乱し、とりあえず育毛剤や薬の服用を試してみましたが、目に見える効果はありませんでした」

 

-ご家族は何か言っていましたか。

「妻に相談したところ『自毛に取り付ける増毛のような対策で長期的にメンテナンスや通院をするくらいなら、初期費用はかかっても確実性のある方法が良いのでは』という話になり、自毛植毛という選択をメインに検討するようになりました」

 

-自毛植毛を調べて分かったことは。

「まず、傷跡が残らないようにしたかったので、メスを使うFUT法ではなくメスを使わないFUE法で検討。ロボット植毛を実施しているクリニックを見つけたので、まずはそこに話を聞きました。すると採取部分の毛髪を広範囲で短くしなければならないと知り、他の方法を探すことに」

 

-親和クリニックのMIRAI法を知ったのはその時でしょうか。

「はい。自毛植毛やFUE法で検索していて見つけたのが、親和クリニック名古屋院でした。同クリニックが実践しているFUE法を進化させたMIRAI法という、採取箇所を短くすることなく傷跡も残らない手法にとても感銘を受けました」

奥様から若返ったねと言われるように

-どのようにコンタクトを取ったのですか。

「まずは電話で無料カウンセリングの予約をしました。この時の電話対応がとても丁寧でしかも具体的でした。第一印象から非常に好感が持てたことを覚えています。カウンセリング当日も、医師やスタッフがとても親身に相談や説明をしてくれました。院内の雰囲気も良く、MIRAI法は痛みの少ない手術でもあるとのことだったので『ここでなら』と感じて決断しました」

 

-なるほど。安心して手術を受けることができましたか。

「はい。麻酔が少し痛かったくらいで、手術自体はあっという間に終わりました。術後2、3日は移植した方ではなく、抜いた方の頭皮に痛みが若干残りましたが、処方してもらった鎮痛剤で落ち着きました。手術直後は見た目の変化がないので、生えてくるのか不安と期待が入り混じっていましたね」

 

-半年ほどで効果が見えたそうですね。

「妻から『若返ったね』という嬉しい言葉が聞けるようになりました。たった半年でここまで効果が出ると驚きました」

 

-術後1年が経過し、お子さまの反応は。

「手術する前は『薄くなったら運動会に来てほしくない』と言われていましたが、今では安心してくれています。私自身としても、頭皮を帽子で隠すようなこともなくなりました。自信を取り戻すことができ、コンプレックスが一つ無くなりました。実感としては、金額以上の価値があったと思います」

 

-同じように悩むパパにメッセージをお願いします。

「手術を受けてから、髪は無いよりあったほうが色々な面でプラスになると実感しています。日々の生活で悩むこともなく、ストレスを感じなくなってきました。髪の毛で悩んでいるのなら思い切って手術した方が良いです。悩むポイントは手術の金額だと思いますが、そこさえクリアできれば人生変わりますよ」

医師からのコメント

多くの方が、何気なく誰かに言われたその一言が薄毛を意識するきっかけになってるようです。
ましてや身近にいるお子さんのストレートな言葉は、45歳の男性には非常に強烈な響きだったと思います。
この患者さまのようにその一言で前に進めるかどうかが非常に重要であります。
そんな中、結果的に当院の自毛植毛手術MIRAI法を選択して頂いた事は本当にうれしい限りです。
患者さまにも負担は少なく傷跡に目立たない植毛手術“MIRAI法”はカッコ良いパパを応援し続けます。

医師プロフィール

親和クリニック 医師 安藤 善郎 YOSHIRO ANDO

親和クリニック 医師

安藤 善郎

YOSHIRO ANDO

関連記事

【インタビュー】毛根の無いおでこへの植毛は可能?26歳男性の切実な悩み

【インタビュー】毛根の無いおでこへの植毛は可能?26歳男性の切実な悩み

抜け落ちてしまった箇所へ移植するイメージが強い自毛植毛手術ですが、元々毛根が無い箇所への移植は可能なのでしょうか。生まれつきおでこが広く、コンプレックスに感じていたY・Hさん(26歳/男性)は、とても悩んでいたそうです。 育毛や増毛はほとんどが元にある髪の毛や毛根を活かすもの。「自分には試せるものが無いのでは」と落ち込みましたが...

記事の続きを読む

【インタビュー】「痛くない」「傷が残らない」「日帰り」という自毛植毛手術を求める40歳男性

【インタビュー】「痛くない」「傷が残らない」「日帰り」という自毛植毛手術を求める40歳男性

自毛植毛は外科手術です。当然、検討するとなると「痛み」「傷跡」は気になるところ。練馬区に住むK・Sさん(40歳/男性)もその一人です。都内に勤務している銀行マンで、「手術後はすぐに職場復帰できるのか」ということも懸念材料でした。 元来、慎重派な性格のK・Sさん。自毛手術を検討するにあたって「痛みが少ない」、「傷跡が残らない」、「...

記事の続きを読む

【実録】旅行好き42歳キャリアウーマン。分け目が気になり自毛植毛を決意

【実録】旅行好き42歳キャリアウーマン。分け目が気になり自毛植毛を決意

外資系商社で働くC・Fさん(42歳/女性)は、仕事でもプライベートでも海外へ行くことが多いキャリアウーマンです。英語を使う機会が多く、英会話教室に通っています。また、仕事は体力勝負なので、ジムで体を鍛えることも忘れません。 学生時代から旅行が好き。社会人となった現在も休日は国内外問わず弾丸旅行を決行するなど、非常にアクティブな一...

記事の続きを読む

人気記事