【実録】 「結局、早いうちの自毛植毛は最も即効性がある」と感じた20代後半男性

2019年03月20日
【実録】 「結局、早いうちの自毛植毛は最も即効性がある」と感じた20代後半男性

20代といえば、いわゆるインターネット世代です。情報収集はスマホが主流。口コミには敏感な世代でしょう。20代半ばから薄毛に悩んでいたT・Oさん(28歳/男性)もその一人です。

名古屋市在住のT・Oさんは公務員となって2、3年目頃からストレスの影響で額の範囲が広がってきました。当然ネットで調べ、まずは「簡単に始められる」ということで、食生活の見直しや育毛シャンプー、サプリなどを試してみたそうです。しかし即効性は無く薄毛は進行していきました。

カツラや増毛クリニックを検討していた矢先、見つけたのが親和クリニック名古屋院のホームページです。手術には抵抗がありましたが、自然な仕上がりと即効性を求めていたT・Oさんは「定着率やアフターケアの手間などを考えると、実は自毛植毛手術が最も効率良く、素早く自分の理想に近づけるのでは」と考えるようになりました。

「早いうちに始める方が良い」という口コミ多数

自毛植毛手術を受ける後押しとなったのはやはり口コミ。親和クリニックの口コミには「早く始めれば良かった」「悩む前にカウンセリングに行くべき」といったコメントがたくさんあり、早速カウンセリングを受けてみることに。

T・Oさんの希望は「周りにバレない自然な仕上がり」と「即効性」です。親和クリニックの術式は、0.6mmの極細径パンチブレードで後頭部から株を採取するFUE法。傷は小さな斑点が残る程度なので、例え美容院に行っても気づかれることはありません。

また、本来のFUE法はドナー部分となる後頭部の髪を刈り上げてから採取しますが、親和クリニックは後頭部を刈り上げずに株を採取する術式も用意。つまり、全く髪型を変えずに手術を終えることも可能です。

仕上がりに関しても、自毛植毛は自身の毛根を移植するので違和感が無いことや毛髪のクセ、生え揃った後の密集具合などをシミュレーションしてデザインしていきます。これでT・Oさんの希望の一つはクリアになりました。

生え揃うまでの一年は長いか短いか

「即効性」という面ではカツラが一番高いかもしれません。購入したその日からケアが可能です。しかし、それは決して自身の髪の毛ではなくランニングコストも発生し続けます。

T・Oさんが気にしていたもう一つの希望「即効性」について、親和クリニック名古屋院は正直に説明しました。術後3ヶ月ほどをかけて一時的脱落やショックロスといった一過性の脱毛が起こること。4ヶ月をすぎた頃から髪が生えはじめ、効果を実感できるようになるのに6ヶ月ほどかかり、全ての髪が生え揃うのにおよそ1年かかること。

その間は粉末の増毛剤や部分ウィッグを使って一時的にケアすることも可能であることを伝えています。

これに対して、即効性を求めて今まで簡易的な対策をしてきたT・Oさんは「確実に自分の髪が生えるのに、たった1年は短い」と捉えるようになりました。

さて、実際に手術を受けたT・Oさんは「悩んでいるなら是非手術すべき。嘘のように人生が前向きになります。生え揃うまでの1年間は長い人生を考えてみればほんの一瞬。20代のうちに自毛植毛手術を受けて良かったと思っています」と話しています。

薄毛に悩み「すぐにコンプレックスを解消したい」とスマホで情報収集をしている20代も多いのではないでしょうか。T・Oさんのように早めに決断することこそ、最も即効性がありこれから先の長い人生を有意義に送ることができる秘訣ではないでしょうか。

医師からのコメント

当院のNC-MIRAI法は、毛包を採取する際に髪の毛を刈り上げずに行いますから、採取した部位の術後は術前に比べてまるっきり違和感がございません。
この手術方法は医師の技術やより高度なチーム医療が必要となりますので料金も通常のMIRAI法よ割高ではありますが、患者さまからはとても人気の手術方法です。
患者さまがおっしゃる「生え揃うまでの1年間は長い人生を考えてみればほんの一瞬」是非ともこんなお気持ちで自毛植毛を体験してみて下さい。

医師プロフィール

親和クリニック名古屋院 院長 福島 俊彦 TOSHIHIKO FUKUSHIMA

親和クリニック名古屋院 院長

福島 俊彦

TOSHIHIKO FUKUSHIMA

関連記事

【インタビュー】毛根の無いおでこへの植毛は可能?26歳男性の切実な悩み

【インタビュー】毛根の無いおでこへの植毛は可能?26歳男性の切実な悩み

抜け落ちてしまった箇所へ移植するイメージが強い自毛植毛手術ですが、元々毛根が無い箇所への移植は可能なのでしょうか。生まれつきおでこが広く、コンプレックスに感じていたY・Hさん(26歳/男性)は、とても悩んでいたそうです。 育毛や増毛はほとんどが元にある髪の毛や毛根を活かすもの。「自分には試せるものが無いのでは」と落ち込みましたが...

記事の続きを読む

【インタビュー】「痛くない」「傷が残らない」「日帰り」という自毛植毛手術を求める40歳男性

【インタビュー】「痛くない」「傷が残らない」「日帰り」という自毛植毛手術を求める40歳男性

自毛植毛は外科手術です。当然、検討するとなると「痛み」「傷跡」は気になるところ。練馬区に住むK・Sさん(40歳/男性)もその一人です。都内に勤務している銀行マンで、「手術後はすぐに職場復帰できるのか」ということも懸念材料でした。 元来、慎重派な性格のK・Sさん。自毛手術を検討するにあたって「痛みが少ない」、「傷跡が残らない」、「...

記事の続きを読む

【実録】旅行好き42歳キャリアウーマン。分け目が気になり自毛植毛を決意

【実録】旅行好き42歳キャリアウーマン。分け目が気になり自毛植毛を決意

外資系商社で働くC・Fさん(42歳/女性)は、仕事でもプライベートでも海外へ行くことが多いキャリアウーマンです。英語を使う機会が多く、英会話教室に通っています。また、仕事は体力勝負なので、ジムで体を鍛えることも忘れません。 学生時代から旅行が好き。社会人となった現在も休日は国内外問わず弾丸旅行を決行するなど、非常にアクティブな一...

記事の続きを読む

人気記事