自毛植毛に医療ローンを利用したいけれど、誰でも可能なの?審査基準は?

2018年12月27日 費用
自毛植毛に医療ローンを利用したいけれど、誰でも可能なの?審査基準は?

前回の記事でふれたように、自毛植毛手術などに見られる自由診療は、保険適用外です。保険適用外の高額な治療費を支払う際に役立つのが医療ローン。つまり、融資された金額の使用を医療行為に制限したローンです。

自毛植毛は、2,000株以上の移植手術になると200万円以上になることも多々あり、特に20代や30代にとってみるとコスト面でのハードルが高くなります。しかし、医療ローンを利用すれば月々のお支払いを5万円以下に抑えることも可能。「すぐには治療費を用意できないけれど、今すぐに自毛手術をしてコンプレックスを解消したい」と思う人にとって、とても有効な手段です。

また、時間の経過とともにAGAが進むと、さらに費用が掛かってしまう可能性もあるため、ローンを利用し早期実施することは賢明な判断といえるでしょう。

キーワードは一定の収入と保証人

医療ローンには当然審査があります。では、どのような人が利用できるのでしょうか。

安定した収入を得ているサラリーマンは基本的に問題ないでしょう。一方、学生、アルバイト、パート、主婦の方でも一定の収入があれば審査に通る可能性が高いと言われています。

まず、20歳以上の学生は、アルバイトなどで一定額の収入が認められると利用可能。未成年は親などが保証人にならなければなりません。

次に、正社員ではないアルバイトやパートの勤務でも、20歳以上かつ一定の収入があれば利用できる可能性はかなり高くなります。

収入のない専業主婦の場合には、配偶者などが連帯保証人になることで利用できるケースも。また、配偶者に安定した収入があれば、保証人なしでも利用可能になることもあります。

医療ローンの審査において重要なのは「安定的な収入」です。月収の多い少ないではなく、15万円でも毎月安定して収入を得ていることが大事になってきます。

その他審査基準と、審査落ちするケース

医療ローンの審査を通るには、一にも二にも「働いていること」。また、明確な審査基準はありませんが、アプラスと提携している自毛植毛専門の親和クリニックによると「日本語を話せる人」、「日本在住の人」なども挙げられるそうです。

では、反対に審査落ちするケースはどのようなものでしょうか。まずは収支のバランスに問題がある人。個人事業主で、売り上げ収入100万円に対し、外注費や維持費で100万円以上の支出がある人などは、厳しい状況です。

また、他社からの借入額が多い人も注意。住宅ローンやマイカーローンを他で組んでおり、返済期間がまだ長期間残っているのであれば難しいかもしれません。

借入希望額が大きくなると、審査が通らなくなる場合もあります。毎月の返済額が多くなるのであれば、頭金やボーナス時払いなどで対応することです。

当然、過去に支払い遅滞などを起こしている、いわゆる信用情報機関(ブラックリスト)に載ってしまった人はNGです。

医療ローンには金利の幅があり、借りる人の信用度で限度額や金利が変動します。無理のない返済プランを考えることが大切ですが、基本的に「働いで安定した収入がある」という人であれば、医療ローンの審査は通ると考えても問題ないでしょう。

医師プロフィール

関連記事

新宿の親和クリニックで聞いた注意したほうがいい薄毛予防の自己流ケア

新宿の親和クリニックで聞いた注意したほうがいい薄毛予防の自己流ケア

薄毛にならないためにご自身で行っているケアはありますか? 例えば頭皮マーサッジは自分でも手軽に出来るケアとして多くの方が行っている方法の一つです。 しかし、薄毛にならないためにしている事が逆効果になっているとしたらどうしますか? そこで今回は、薄毛専門のクリニックである親和クリニック新宿院のスタッフの方に、「薄毛にならないた...

記事の続きを読む

新宿の親和クリニックで聞いた他のクリニックからのセカンドオピニオンについて

新宿の親和クリニックで聞いた他のクリニックからのセカンドオピニオンについて

薄毛の悩みをクリニックに通って相談し、実際に治療している方もいると思います。 そんな中で、AGA治療薬やHARG療法を長年継続しているが、なかなか薄毛の改善が実感できない人もいるでしょう。 また、薄毛治療として敷居の高い自毛植毛手術を受けたにもかかわらず、満足行く結果にならなかったという声を聞くこともあります。 しかし、今受...

記事の続きを読む

新宿の親和クリニックで聞いた遺伝以外の薄毛に繋がる要因とは

新宿の親和クリニックで聞いた遺伝以外の薄毛に繋がる要因とは

薄毛の原因の大半が、AGA(男性型脱毛症)と言われています。 AGA(男性型脱毛症)を発症するかどうかの大半は遺伝的な要因によるものです。 その為「自分の親族にはハゲがいないから大丈夫だ」と過信している方も多い様です。 生活習慣の乱れなど遺伝的要因でないものが直接薄毛に繋がることはありませんが、規則正しい生活習慣を送ることも...

記事の続きを読む

人気記事