M字、O字、U字ハゲ。進行具合に適した自毛植毛手術の費用について

2018年12月14日 費用
M字、O字、U字ハゲ。進行具合に適した自毛植毛手術の費用について

AGAと呼ばれる男性脱毛症の症状は、大きく分けて3パターンあります。前頭部の生え際から後退し始めるM字型。頭頂部やツムジが脱毛するO字型。全体的に脱毛が見られ、後頭部と側頭部に髪の毛が残るU字型です。これらに適した自毛植毛手術の、気になる費用をご紹介します。

【M字型】

【O字型】

【U字型】

基本治療費とグラフト数の金額を足したものが費用

事故や火事、自己免疫疾患による円形脱毛症の場合などを除くと、自毛植毛手術は保険適用外の自由診療です。クリニックと患者間で直接契約する診療なので、医療費はクリニックが定めます。そのため、診察料金や診察方法に制限がなく、各クリニックで金額が異なるのです。

つまり、検討する際の最も重要な要素の1つである金額については、各院が自由に決めている現状があります。

そこで、しっかりと事前に、施術内容(技術)と金額を比較し、ご自身で納得した上でカウンセラーに相談するのがよいと言えます。

一般的に、自毛植毛クリニックが行っている費用の多くは、

【基本治療費+グラフト(株)数を足した金額】

 

となります。グラフトとは移植する毛穴の毛根(株)をいいます(このあとは便宜上、「グラフト」と記載します)。。

基本治療費を40万円、1グラフトを1,000円に設定しているクリニックでは

たとえば、400株自毛植毛手術を受けた場合の費用は、40万円(基本治療費)+400グラフト)×1,000円という計算で算出できます。総額は80万円となります。

※クリニックによっては移植面積で費用を決めているところもあります。

植毛したい面積にどれくらいの株数が必要なのかにより決定します。以下にてケーススタディをみていきましょう。

 

親和クリニックのケーススタディ

まず前提として、個人差はありますが、1グラフトにつき1~4本あり、東洋人の平均は1グラフトあたり2から2.5本の髪の毛が生えているということを頭に入れましょう。

その上で、実際にクリニックで進行具合別に想定されるグラフト数や費用をシミュレーションしてみましょう。

自毛植毛専門の親和クリニックは初診料、再診料がともに無料です。自毛植毛手術はメスで切開するのではなく、0.8mmの極細径パンチブレードを使用し、グラフトを採取していきます。手術には2種類ありFUE法を発展させた後頭部の髪の毛を刈上げて施術を行うMIRAI法と、髪の毛を刈り上げずに自毛植毛するNC-MIRAI法というメニューがあります。

MIRAI法の基本治療費は20万円で植毛費用は1グラフト900円。NC-MIRAI法の基本治療費は30万円で植毛費用は1グラフト2,000円です。

 

【M字型の場合のシミュレーション】

 

まずは生え際から後退し始めた浅めのM字型。いわゆるM1型と呼ばれる症状です。こちらを修正するには600グラフトの移植が必要。つまり、1,000~1,500本の毛髪の移植となります。こちらをMIRAI法で行った場合の費用は、

基本治療費:20万円+400~600グラフト×900円+消費税

合計で約60万円~約79万円となります。

M1型が進行すると後期のM2型となります。やや深いM字です。こちらは800グラフトから1,200グラフトが目安となりますので、

基本治療費:20万円+800~1200グラフト×900円+消費税

費用は約99万円~約138万円となります。

【O字型の場合のシミュレーション】

 

頭頂部がO型に脱毛してきたO字型はどうでしょう。こちらは500グラフトから1,000グラフト必要になります。

基本治療費:20万円+500~1000グラフト×900円+消費税

費用は約70万円から約118万円です。

生え際と頭頂部の両方が薄毛になるケースもあります。前頭部と後頭部の修正には1,000グラフトから1,500グラフトが必要だと想定され、費用は

基本治療費:20万円+1000~1500グラフト×900円+消費税

で、約118万円から約145万円となります。

 

【U字型の場合のシミュレーション】

最後にかなり薄毛が進行しているU字型。

 

こちらは2,000グラフトから3,000グラフト、結構なグラフト数が必要です。

基本治療費:20万円+2000~3000グラフト×900円+消費税

よって、費用は約216万円から311万円です。

費用支払いについて

上記の通り、植毛手術は一度でかかる治療費としては、かなりの費用がかかる手術です。

もちろん、一括でお支払いできれば問題無いのですが、現実問題として難しいという方も多数いらっしゃると思います。AGAは進行性のため、時間が経てばさらに費用が掛かってしまうことも想定されます。

実際に、親和クリニックの場合、約4割の患者様は医療ローンを組まれて施術されています。医療ローンは一定の審査はありますが、一般に通りやすい審査のため、今すぐお支払いできないという方でも、ローンを利用しすぐに治療ができます。ローンを検討されている方もまずご相談ください。

カウンセリングの重要性

上記シミュレーションで見たとおり、植毛手術は結構な費用がかかってしまう手術であり、決断に時間を要することは言うまでもありません。しかし、その決断に時間をかけるとさらにAGAが進行してしまうかもしれません。

そこで重要になるのが、手術前のカウンセリングです。

患者様によって希望やご予算は違います。例えば、約300万円の自毛植毛が必要なU字型の患者で、ご予算が100万円だったとします。これは本来3,000グラフト移植できるところ、1,000グラフトの移植をするということになります。

経験が浅い医師であれば、少ない材料で患者が納得する仕上がりにするのは難しいかもしれません。しかし、自毛植毛の経験と実績が豊富な医師がいるクリニックは、患者の予算に応じてデザインが可能。どの毛髪の株をどの辺に集中させるか、広範囲をフォローするかなど、植毛後の生え方をシミュレーションして植えることで自然な仕上がりにできるのです。

よって、重要なポイントは費用ももちろんですが、いかに自分の希望の予算の中で自然に仕上げてくれるか、またその仕上がりを可能にする技術と経験があるかです。

経験豊富な医師からしっかりカウンセリングを受けることが、失敗しない自毛植毛の第一歩なのです。

関連記事

大阪、梅田の植毛クリニック費用比較

大阪、梅田の植毛クリニック費用比較

やっぱり気になる費用の話 植毛の治療費は、クリニックによって様々です。 植毛する毛髪の本数や株(グラフト)単位で料金設定をしているところもあれば、ドナー採取面積で料金を設定しているクリニックもあります。 また、植毛の方法によって、同じクリニックでも料金の設定方法が異なります。 当サイトで紹介しているクリニックの治療費用も、基本料...

記事の続きを読む

自毛植毛手術の費用が用意できない!そんな人のための医療ローン

自毛植毛手術の費用が用意できない!そんな人のための医療ローン

日本は国民皆保険制度が確立しており、たいていの医療行為には保険が適用されます。ところが先進医療や美容整形、レーシック手術、インプラントといった自由診療にあたる医療行為は保険適用外です。 自毛植毛も自由診療となっており、患者様が例え健康保険に加入していても、支払う治療費は全額自己負担となります。 自毛植毛手術の費用は移植する...

記事の続きを読む

自毛植毛に医療ローンを利用したいけれど、誰でも可能なの?審査基準は?

自毛植毛に医療ローンを利用したいけれど、誰でも可能なの?審査基準は?

前回の記事でふれたように、自毛植毛手術などに見られる自由診療は、保険適用外です。保険適用外の高額な治療費を支払う際に役立つのが医療ローン。つまり、融資された金額の使用を医療行為に制限したローンです。 自毛植毛は、2,000株以上の移植手術になると200万円以上になることも多々あり、特に20代や30代にとってみるとコスト面でのハー...

記事の続きを読む

人気記事