傷痕への植毛

2018年11月13日 自毛植毛の方法
傷痕への植毛

傷跡への植毛(リカバリー植毛)

「昔事故にあってから髪の毛が生えてこない…。」「手術してから痕が気になるようになった…。」
傷を負ってしまうとその部分に髪の毛が生えなくなってしまうため、コンプレックスになってしまう方は多いです。
意外と知られていませんが、このような傷痕のリカバリーにも自毛植毛は活躍します。 また、しわ、たるみをとるための美容外科手術痕にも有効で、 髪の毛が生えてこなくなったこめかみ付近に違和感なく植毛することが可能です。

今まで頭部の傷痕は縫い縮めるのが主流でしたが、縫い縮めると髪の毛の流れが変わり、不自然な髪型になってしまうのがネックでした。
その結果、カツラだと思われてしまう方も非常に多かったそうです。
傷痕部分の毛根は死滅している状態なので、内服薬や育毛剤も効果がなく、発毛することは二度とありませんでした。
ですが、それを解決する唯一の方法が、傷痕に直接髪の毛を移植する、自毛植毛となるのです。
また、頭部だけでなく顔に傷を負ってしまい、眉毛が一部なくなっているという方にも有効です。
ただ注意点としては、自毛の性質が髪の毛のままなので、眉毛と同じ長さでいられません。植毛した部分だけ伸び続けてしまうので、お手入れをしてあげてください。

傷痕部分の皮膚は弱くなっている分、自毛の定着率が通常の皮膚と比べると低くなるのですが、症例写真を載せているクリニックもありますので、自分と似た症例を参考にしてみるのもいいですね。
多感な時期にケガや手術痕を気にしてしまい、コンプレックスになってしまうのはとても辛いので、少しでもストレスを和らげるためにも、一度は相談に行くことをおすすめします。

傷痕に対しての施術に慣れたクリニックも多く、心強い味方になってくれます。

医師プロフィール

関連記事

新宿の親和クリニックに来る患者様の特徴

新宿の親和クリニックに来る患者様の特徴

自分が薄毛であるということを、コンプレックスに感じている人は多くいると思います。 薄毛専門クリニックである親和クリニック新宿院へ来院する方は、植毛手術に関する情報を予め調べた上で相談に来ることが多いそうです。 そんな中、実際に親和クリニック新宿院へ来る方はどの様な方が多いのか、患者様の特徴を親和クリニック新宿院の関係者...

記事の続きを読む

新宿の親和クリニックで聞いた痛みの少ない手術法について

新宿の親和クリニックで聞いた痛みの少ない手術法について

薄毛の治療で植毛を選択する人が増えてきているそうです。 しかし、薄毛に悩んでいる人の中で 植毛手術は痛そう 頭にメスを入れるなんて怖そう などと思い、植毛手術に踏み切れない方は多くいると思います。 そんな中、薄毛専門クリニックの親和クリニック新宿院の植毛手術は、痛みを最小限に抑えた施術が可能との事です...

記事の続きを読む

新宿の親和クリニックで多い女性の薄毛に関する相談内容は?

新宿の親和クリニックで多い女性の薄毛に関する相談内容は?

  薄毛は男性の悩みのイメージがありますが、実は女性でも薄毛に悩んでいる方が多く女性の薄毛治療は年々需要が高まっているそうです。 最近では、中国の女性がわざわざ日本に来て薄毛の治療を受けるケースもあります。 男性が薄毛の治療をする目的に比べて、女性がクリニックで治療を受ける理由はたくさんあるようです。 そ...

記事の続きを読む

人気記事