傷痕への植毛

2018年11月13日 自毛植毛の方法
傷痕への植毛

傷跡への植毛(リカバリー植毛)

「昔事故にあってから髪の毛が生えてこない…。」「手術してから痕が気になるようになった…。」
傷を負ってしまうとその部分に髪の毛が生えなくなってしまうため、コンプレックスになってしまう方は多いです。
意外と知られていませんが、このような傷痕のリカバリーにも自毛植毛は活躍します。 また、しわ、たるみをとるための美容外科手術痕にも有効で、 髪の毛が生えてこなくなったこめかみ付近に違和感なく植毛することが可能です。

今まで頭部の傷痕は縫い縮めるのが主流でしたが、縫い縮めると髪の毛の流れが変わり、不自然な髪型になってしまうのがネックでした。
その結果、カツラだと思われてしまう方も非常に多かったそうです。
傷痕部分の毛根は死滅している状態なので、内服薬や育毛剤も効果がなく、発毛することは二度とありませんでした。
ですが、それを解決する唯一の方法が、傷痕に直接髪の毛を移植する、自毛植毛となるのです。
また、頭部だけでなく顔に傷を負ってしまい、眉毛が一部なくなっているという方にも有効です。
ただ注意点としては、自毛の性質が髪の毛のままなので、眉毛と同じ長さでいられません。植毛した部分だけ伸び続けてしまうので、お手入れをしてあげてください。

傷痕部分の皮膚は弱くなっている分、自毛の定着率が通常の皮膚と比べると低くなるのですが、症例写真を載せているクリニックもありますので、自分と似た症例を参考にしてみるのもいいですね。
多感な時期にケガや手術痕を気にしてしまい、コンプレックスになってしまうのはとても辛いので、少しでもストレスを和らげるためにも、一度は相談に行くことをおすすめします。

傷痕に対しての施術に慣れたクリニックも多く、心強い味方になってくれます。

関連記事

【インタビュー】毛根の無いおでこへの植毛は可能?26歳男性の切実な悩み

【インタビュー】毛根の無いおでこへの植毛は可能?26歳男性の切実な悩み

抜け落ちてしまった箇所へ移植するイメージが強い自毛植毛手術ですが、元々毛根が無い箇所への移植は可能なのでしょうか。生まれつきおでこが広く、コンプレックスに感じていたY・Hさん(26歳/男性)は、とても悩んでいたそうです。 育毛や増毛はほとんどが元にある髪の毛や毛根を活かすもの。「自分には試せるものが無いのでは」と落ち込みましたが...

記事の続きを読む

【インタビュー】「痛くない」「傷が残らない」「日帰り」という自毛植毛手術を求める40歳男性

【インタビュー】「痛くない」「傷が残らない」「日帰り」という自毛植毛手術を求める40歳男性

自毛植毛は外科手術です。当然、検討するとなると「痛み」「傷跡」は気になるところ。練馬区に住むK・Sさん(40歳/男性)もその一人です。都内に勤務している銀行マンで、「手術後はすぐに職場復帰できるのか」ということも懸念材料でした。 元来、慎重派な性格のK・Sさん。自毛手術を検討するにあたって「痛みが少ない」、「傷跡が残らない」、「...

記事の続きを読む

【実録】旅行好き42歳キャリアウーマン。分け目が気になり自毛植毛を決意

【実録】旅行好き42歳キャリアウーマン。分け目が気になり自毛植毛を決意

外資系商社で働くC・Fさん(42歳/女性)は、仕事でもプライベートでも海外へ行くことが多いキャリアウーマンです。英語を使う機会が多く、英会話教室に通っています。また、仕事は体力勝負なので、ジムで体を鍛えることも忘れません。 学生時代から旅行が好き。社会人となった現在も休日は国内外問わず弾丸旅行を決行するなど、非常にアクティブな一...

記事の続きを読む

人気記事