発毛対策、育毛について(育毛剤・費用・効果)

2018年11月02日 抜け毛のメカリズム
発毛対策、育毛について(育毛剤・費用・効果)

発毛・育毛対策

発毛のため、育毛のため、あなたはどんな対策をとっていますか?
最近抜け毛が気になるなぁと感じ始めた時、どういう対策を取るかで、 未来の自分が変わります。
早めの対策が必要です。 一番多くおこなわれる育毛対策は、手軽に始められることもあり、
市販の育毛剤を使うことではないでしょうか? 薄毛の悩みは、多くの人が抱える悩みです。
ドラッグストアに行くと、たくさんの商品が並んでいます。
でも正直「どれがいいのかわからない!」と思った事、ありませんか?
TVCMでよく見るから…という理由だけで選ぶには、少しお高めな育毛剤。
せっかく使うなら効果があるものを選びたいと思うもの。 ここでは、育毛に効果があるとされている
「成分」が入っているか?! という観点でお伝えします。

「ミノキシジル」
市販薬にも使用が許されている育毛効果のある成分です。
ミノキシジルは、頭皮の血行をよくし、毛母細胞の活性化を促すことで、
太く強い毛を増やすように働きかけるという効果を期待する成分です。

ミノキシジルが含まれている育毛剤の例を挙げると… 「リアップ」などがあります。
こちらの商品は、ミノキシジルの配合量で お値段が上がるシリーズものとなっています。
これらはどれも第1種医薬品となっており、 薬剤師の指導の上で購入が可能となっています。
ミノキシジルが多く含まれている方が頭皮には良いでしょうが、5%配合のもので、
60mlで7,048円(税抜)となっています。
TVや雑誌でみかける「スカルプDシャンプー」についても調査!
こちらには「ミノキシジル」は入っていませんでした。 スカルプDの成分は主に、ふけ・かゆみを防ぐ
成分や頭皮環境を整える成分。 保湿、肌荒れ予防成分となっています。
頭皮環境を整える為に使うシャンプーということです。
シャンプーだけではやはり育毛対策をやりぬいた!とは言えなそうです。 ただ、頭皮環境を整える事は、基本ともいえるので、 スカルプDだけでなく、日々のシャンプーも大事と言えるでしょう。

ミノキシジル以外には、髪に良い成分はないのか?
それは、男性ホルモンに作用する「ノコギリヤシ」です。
これは、AGAの原因の1つとなる5-αリダクターゼを抑制する作用があると言われています。
チャップアップという商品などに使われているようです。
こちらは、通販販売でお値段14,800円(税込)となっており、 日々利用していくには
高額となっています。
調べた結果、 薄毛に良い成分などを含む商品は高額商品ということがわかりました。
始めた育毛対策…でも、止めたら効果がなくなってしまい、
続けないと意味がないと案内され、 やはり育毛の道は1日にしてならず…。
長い闘いの日々の始まりと言えます。 32歳で始め… 毎月育毛剤に15,000円を使うとすると…。

20年で… 15,000円×240ヶ月(12ヶ月✕20年)=¥3,600,000と高額に。
30代で始めたケア内容で、50代がカバーできるかも含め、 年齢が上がるにつれ実際はもっと値が
上がる可能性があります。 こういった数字をみると、 早めにクリニックで投薬治療に切り替える人がいるのも頷けます。
しかも市販薬は、自分で選ぶため「どれが自分の状態にベストな商品か?」が わからないものです。
最適な商品に出会えるまでに、何度も買い直しすることが予測されます。
1度で自分にベストの商品が見つけられる確率は低いでしょう。 しかも、 自分の肌にあったものが見つかったとしても、 必ず薄毛に対し、効果が期待できるものでもありません。 ここが市販薬の難しいところです。
クリニックに訪れる人の多くは、 色々手を尽くし、お金をかけ尽くした人が最後の砦にとやってくるそうですが、 クリニックも同じ、早めの対策が一番です。
クリニックでは無料カウンセリングが行われているので、 自分がどういう状況なのかを的確に教えてくれます。 今必要な対処法、日々の暮らしの中で気を付けた方が良い点などを含め、 アドバイスを受ける事ができます。 また、病院だけでしか処方できない成分・薬を用いての投薬治療も可能です。
また育毛剤についても、 病院独自の育毛剤を医療機器を用いて浸透させるメニューを用意しているところもあるので、体験してみるのも良いと思います。
進行度合いにもよりますが 長い闘いと決別する「自毛植毛」も提案してくれるでしょう。
自毛植毛は、生え続ける自分の毛を手に入れる手術です。
高額にはなりますが、育毛剤生活を続けていても結果同じ高額になるようであれば、 薄毛と早く決別できる自毛植毛も一つの手だと思います。
育毛剤の中には、まったく効果のないものもあるので、 自分に合った育毛剤を見つけるのは至難の業。
たとえ自分にあった育毛剤を見つけたとしても、それを何年使い続けるか?
10年先も同じケアでいいのか?
育毛剤を使うなかで、試行錯誤する必要があります。
長い育毛剤生活を始める前に、1度自分の頭皮の状態などをチェックしてもらうのも良いでしょう。

関連記事

【インタビュー】毛根の無いおでこへの植毛は可能?26歳男性の切実な悩み

【インタビュー】毛根の無いおでこへの植毛は可能?26歳男性の切実な悩み

抜け落ちてしまった箇所へ移植するイメージが強い自毛植毛手術ですが、元々毛根が無い箇所への移植は可能なのでしょうか。生まれつきおでこが広く、コンプレックスに感じていたY・Hさん(26歳/男性)は、とても悩んでいたそうです。 育毛や増毛はほとんどが元にある髪の毛や毛根を活かすもの。「自分には試せるものが無いのでは」と落ち込みましたが...

記事の続きを読む

【インタビュー】「痛くない」「傷が残らない」「日帰り」という自毛植毛手術を求める40歳男性

【インタビュー】「痛くない」「傷が残らない」「日帰り」という自毛植毛手術を求める40歳男性

自毛植毛は外科手術です。当然、検討するとなると「痛み」「傷跡」は気になるところ。練馬区に住むK・Sさん(40歳/男性)もその一人です。都内に勤務している銀行マンで、「手術後はすぐに職場復帰できるのか」ということも懸念材料でした。 元来、慎重派な性格のK・Sさん。自毛手術を検討するにあたって「痛みが少ない」、「傷跡が残らない」、「...

記事の続きを読む

【実録】旅行好き42歳キャリアウーマン。分け目が気になり自毛植毛を決意

【実録】旅行好き42歳キャリアウーマン。分け目が気になり自毛植毛を決意

外資系商社で働くC・Fさん(42歳/女性)は、仕事でもプライベートでも海外へ行くことが多いキャリアウーマンです。英語を使う機会が多く、英会話教室に通っています。また、仕事は体力勝負なので、ジムで体を鍛えることも忘れません。 学生時代から旅行が好き。社会人となった現在も休日は国内外問わず弾丸旅行を決行するなど、非常にアクティブな一...

記事の続きを読む

人気記事