生活習慣やストレスによる髪の毛への影響

2018年11月09日 薄毛対策
生活習慣やストレスによる髪の毛への影響

生活習慣やストレスによる髪の毛への影響

親戚に薄毛の人がいないのになぜか自分は薄毛になっている…。
思い当たる方への薄毛には、生活習慣が大きく関わっていると考えられます。
例えば、タバコをよく吸ったり、普段運動をしない等、こういった習慣を続けていくことは、髪の毛にも悪影響を与え続けてしまいます。
また生活リズムが乱れることで自毛自体が弱くなり、毛が細くなったり、抜けやすくなってしまうこともあるのです。
以下のような生活習慣で髪の毛にどのような影響を与えるかまとめましたので、
ご参考にしてみてはいかがでしょうか。

髪へどのような影響があるのか

●肥満や極端なダイエット
実は、肥満も極端なダイエットも、髪には良くありません
肥満によって新陳代謝や汗の質が悪くなり、頭皮環境が悪化してしまいます。 ですが皮脂を除き過ぎると乾燥してしまい、体がより皮脂を出すようになり逆効果になるので注意しましょう。

無理なダイエットも髪に栄養が行き渡らず、自毛を弱らせる要因となってしまいます 急激な負担をかける運動や極端に制限する食生活は、髪の毛はおろか体自体にも重大な負担を掛けてしまいます。

●タバコの慣習化
髪の毛を健康的にするためにはビタミンが必要不可欠です。
ビタミンはタバコに含まれるニコチンやシアン化水素にとても影響を受けやすく、変質してしまうのです。
また、ニコチンにより血管が収縮してしまい、血液の流れが悪くなってしまうと髪に運ぶ栄養が滞ってしまいます。

●ストレス
ストレスを感じると髪の生成に必要な亜鉛が消費されてしまい、ケラチンというタンパク質が少なくなってしまいます。 ケラチンとは髪の毛にコシやツヤを出したり、髪の毛の成長を促す物質です。
せっかく髪の毛がたくさんあってもそれが頼りないと少し不安ですよね。
ストレスの解消方法は人それぞれですが、生活習慣を見直すことによってストレスは軽減されます。

植毛や薄毛治療のクリニックが多くあります。生活習慣や頭皮環境の相談にも乗ってくれますが、専門のクリニックならではの処置もあるので一度診察を受けてみてはいかがでしょうか。

医師プロフィール

関連記事

新宿の親和クリニックで聞いた注意したほうがいい薄毛予防の自己流ケア

新宿の親和クリニックで聞いた注意したほうがいい薄毛予防の自己流ケア

薄毛にならないためにご自身で行っているケアはありますか? 例えば頭皮マーサッジは自分でも手軽に出来るケアとして多くの方が行っている方法の一つです。 しかし、薄毛にならないためにしている事が逆効果になっているとしたらどうしますか? そこで今回は、薄毛専門のクリニックである親和クリニック新宿院のスタッフの方に、「薄毛にならないた...

記事の続きを読む

新宿の親和クリニックで聞いた他のクリニックからのセカンドオピニオンについて

新宿の親和クリニックで聞いた他のクリニックからのセカンドオピニオンについて

薄毛の悩みをクリニックに通って相談し、実際に治療している方もいると思います。 そんな中で、AGA治療薬やHARG療法を長年継続しているが、なかなか薄毛の改善が実感できない人もいるでしょう。 また、薄毛治療として敷居の高い自毛植毛手術を受けたにもかかわらず、満足行く結果にならなかったという声を聞くこともあります。 しかし、今受...

記事の続きを読む

新宿の親和クリニックで聞いた遺伝以外の薄毛に繋がる要因とは

新宿の親和クリニックで聞いた遺伝以外の薄毛に繋がる要因とは

薄毛の原因の大半が、AGA(男性型脱毛症)と言われています。 AGA(男性型脱毛症)を発症するかどうかの大半は遺伝的な要因によるものです。 その為「自分の親族にはハゲがいないから大丈夫だ」と過信している方も多い様です。 生活習慣の乱れなど遺伝的要因でないものが直接薄毛に繋がることはありませんが、規則正しい生活習慣を送ることも...

記事の続きを読む

人気記事