薄毛対策

2018年11月06日 薄毛対策
薄毛対策

薄毛の対策

日本人男性の約4人に1人が薄毛に悩まされています。
近年は、20代の女性も薄毛に悩む人が増えたという統計が出ているようです。
ストレスや不規則な生活習慣など、薄毛になりうる要因が現代社会には数多くあります。
対処してすぐに効果が出るものではありませんが、薄毛になったからと諦めず対処していくことで、 進行を防ぐだけでなく、改善が出来る可能性もあります。
薄毛の対策には根気が必要になります。長い目で見ていきましょう。

薄毛にならないための洗髪の仕方やシャンプーの選び方

薄毛対策として、シャンプーの選び方や洗髪の仕方があります。

まずは、シャンプー選びに着目してみましょう。 シャンプー選びを改善することで、頭皮の皮脂や汚れ、乾燥などのケアを行うことが出来ます。シャンプーには様々な成分が含まれていますので、
薄毛対策に適した成分が含まれているシャンプー選びのコツをご紹介します。

シャンプーの種類には主に3種類あるのをご存知でしょうか。
・高級アルコールシャンプー
・石鹸シャンプー
・アミノ酸シャンプー
この種類の違いは、シャンプーの洗浄剤の主要成分が何であるかで分けられています。

高級アルコールシャンプー

主要成分は、「ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸アンモニウム」等があります。
動物性または植物油脂の加工物であり、洗浄力は強め、頭皮への刺激も強めです。
大量生産に向いているため、市販のシャンプーに使われることが多く、お値段も安価です。

石鹸シャンプー

主要成分は、石鹸であり、洗浄力は強めですが、頭皮への刺激は弱いものが多いです。
肌への刺激は低刺激ですが、洗浄力は強いので皮脂を取り過ぎることで
肌トラブルが起こる可能性があります。
そのため、肌の弱い方や皮脂が少ない人にはお勧めできませんが、皮脂過多で肌の強い人には
向いています。 値段は、高級アルコールシャンプーに比べやや高価になります。

アミノ酸シャンプー

主要成分は、「ココイルグルタミン酸やラウロイルメチルアラニンNa」等があります。
天然素材のヤシなどを加工したアミノ酸であり、 洗浄力は弱く、頭皮への刺激も弱いです。
アミノ酸シャンプーは弱酸性であるため、頭皮だけでなく身体にも優しいです。
肌の弱い人、乾燥肌の人に向いています。

さて、3種類の成分のシャンプーをご紹介しましたが、薄毛対策にはどの成分のシャンプーが
良いのでしょうか。 薄毛を予防するには、頭皮環境を整えることが重要です。
そのため、頭皮に刺激が少ないアミノ酸シャンプーがおすすめです。
洗浄力が弱いから汚れが落ちないのでは?と心配する方もいるかもしれませんが、
高級アルコールシャンプーや石鹸シャンプーの洗浄力は強すぎであり、必要な皮脂まで
落としてしまいます。 アミノ酸シャンプーは、頭皮の汚れは落としますが、必要な皮脂は残します。
また、傷んだ髪に吸着することで保湿もしますので、頭皮が柔らかくなり、血行改善に繋がります。
血行が良くなることで頭皮環境が整います。 頭皮環境を整えるには、乾燥を防ぎ、余分な皮脂を取り除くことが大切です。 皮脂や汚れを落とし、潤いを保つことの出来るアミノ酸シャンプーは、
薄毛対策に適しているといえるでしょう。 シャンプーを選ぶ際にはぜひ参考にしてみてください。

どのシャンプーを選んでいいのか分かったら次は洗髪の仕方です。
ゴシゴシと力任せに爪を立てて洗うのは、頭皮によくありません。 正しい洗髪をご紹介します。

まずは、シャンプーの語源を知っていますか?
シャンプーはヒンドゥー語の「champoo」で「マッサージ」の意味です。
この語源を見て分かるように、シャンプーの本来の目的は、頭皮をマッサージするということです。
マッサージを行うことで、頭の血行が良くなり、カラダの栄養素が血液によって
頭にも運ばれやすくなります。
ここで洗い方のポイントをお教えします。

ポイント1

髪を洗う前に軽くブラッシングをする。
まずは、髪についた汚れを落とします。
こうすることで、頭皮の血行がよくなり シャンプーがしやすくなります。

ポイント2

シャンプーで洗う前に、お湯で軽く髪を洗い流す。
ただ単に髪を濡らすのではなく、2~3分かけて髪をすすぎ、頭皮も軽くマッサージします。
洗髪前に軽めのブラッシングをしていることで、ここでほとんど髪の汚れは落ちてしまいます。
また、お湯をかけることで頭皮の血行は更に良くなります。
ポイント1・2の工程を行うと、シャンプーの泡立ちがとても良くなります。

ポイント3

シャンプーを使って頭皮を洗う。
いよいよシャンプーで洗髪を行います。
ここで重要なのは「髪の毛」ではなく、「頭皮」を丁寧に洗うことです。
洗い方は爪を立てずに、指の腹を使って優しくゆっくりマッサージをする要領で洗っていきます。
指の腹でもゴシゴシと力強く洗ってしまうと、これから成長する新生毛までも抜けてしまうので
要注意です。 またシャンプーは手にとって泡立てた後、横から全体にかけて馴染むように
付けていきます。 泡立てず直接つけてしまうと、シャンプーが毛穴に入りすぎてしまい、すすぎ残しに
なってしまう恐れがあります。

ポイント4

シャンプーはしっかりすすぐ。
頭皮にシャンプーが残ってしまうと、髪のキューティクルやタンパク質が傷つき、 髪が徐々にやせ細っていきます。またフケやかゆみの原因となります。
これではせっかく丁寧にシャンプーをしても意味がなくなってしまいますので、
すすぎはしっかりと行いましょう。

ポイント5

洗髪後はしっかりと乾かす。
すぐにドライヤーを使って乾かすのではなく、まずはタオルドライをします。
この時もゴシゴシと拭くのではなく、タオルで丁寧に髪の根元を抑えて、頭皮を軽く叩きます。
すると頭皮の水分が取れやすいです。 タオルで十分に水分を取ったら、次はドライヤーを使って乾かしていきます。 距離は10センチ以上離して使用しましょう。
同じ場所に当てすぎると頭皮や髪が傷んでしまいますので注意してください。

以上が洗髪のポイントです。 とにかく丁寧に、力任せにゴシゴシしないことが大切です。
アミノ酸シャンプーを使って、優しく丁寧な洗髪を心がけましょう。

関連記事

【インタビュー】毛根の無いおでこへの植毛は可能?26歳男性の切実な悩み

【インタビュー】毛根の無いおでこへの植毛は可能?26歳男性の切実な悩み

抜け落ちてしまった箇所へ移植するイメージが強い自毛植毛手術ですが、元々毛根が無い箇所への移植は可能なのでしょうか。生まれつきおでこが広く、コンプレックスに感じていたY・Hさん(26歳/男性)は、とても悩んでいたそうです。 育毛や増毛はほとんどが元にある髪の毛や毛根を活かすもの。「自分には試せるものが無いのでは」と落ち込みましたが...

記事の続きを読む

【インタビュー】「痛くない」「傷が残らない」「日帰り」という自毛植毛手術を求める40歳男性

【インタビュー】「痛くない」「傷が残らない」「日帰り」という自毛植毛手術を求める40歳男性

自毛植毛は外科手術です。当然、検討するとなると「痛み」「傷跡」は気になるところ。練馬区に住むK・Sさん(40歳/男性)もその一人です。都内に勤務している銀行マンで、「手術後はすぐに職場復帰できるのか」ということも懸念材料でした。 元来、慎重派な性格のK・Sさん。自毛手術を検討するにあたって「痛みが少ない」、「傷跡が残らない」、「...

記事の続きを読む

【実録】旅行好き42歳キャリアウーマン。分け目が気になり自毛植毛を決意

【実録】旅行好き42歳キャリアウーマン。分け目が気になり自毛植毛を決意

外資系商社で働くC・Fさん(42歳/女性)は、仕事でもプライベートでも海外へ行くことが多いキャリアウーマンです。英語を使う機会が多く、英会話教室に通っています。また、仕事は体力勝負なので、ジムで体を鍛えることも忘れません。 学生時代から旅行が好き。社会人となった現在も休日は国内外問わず弾丸旅行を決行するなど、非常にアクティブな一...

記事の続きを読む

人気記事